もう少しで17歳だったダルメシアンの介護日記と11歳の雑種犬との日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
お彼岸
2013-09-30 Mon 20:02


またもご無沙汰しております。
お彼岸ですね。
僕は昨日、ダルとその前に飼っていたチャコのお墓へ行ってきました。
(チャコとダルは同じお墓に入っています。)

お墓は前にも書いたようになんか山奥なんです^^;
墓へ向かうまでやたら急勾配な坂道があったりいびつな階段しかないので油断したら転けます(笑)

でも一番見てて辛くなるのは、荒れ果てた墓ばかりが並んでいることです。

お墓を作った当初はお茶碗やらコップやらいろいろお供えしたり、
墓を柵で囲ったりしたんでしょうけどその後は一切来ていないと思われる墓ばかり。
うちの墓へ向かうまであっちこっちの墓の供え物が転がっているのをまたいで歩いて行きます。
飼い主さんにも来られない事情があるんでしょうけど(道中キツイし…)、
それを考慮しても荒れた墓がこうも多いとなんとも言えない気持ちです。
もともと荒れていたところに震災でさらに崩れた為本当に酷い墓地になりました。


うちの墓の片方のお隣さんはいつもうちより早いタイミングで来ていますが、
もう片方のお隣さんは一切来ていません。
隣だけでしのびないですがうちのと仲良くしてやってくれという思いで、
いつも少しだけ掃除をしています。

荒れた墓地を見渡すとペットへの愛情が一時的な人も多いんだろうな…と思わずにいられません。
亡くなってからも引きずって未練がましいという人もいるかもしれないですが、
亡くなってからも偲んでやらないなんてあまりにも薄情なんじゃないか?と
僕は思うので墓参りは彼岸や盆は欠かさずできる限り続けるつもりです。

とは言っても、ダルもチャコも家にいるんだろ?と思っているのでそれほど墓に執着は無いのですけどね…(笑)
ですが、骨は入っているので大事にしています。

人間の墓もペットの墓も同じように扱ってもらえると良いですねぇ…



今回はブログで交流しているあほげさんの記事と関連するような内容となりました。
あほげさんの記事、本当僕もそう思います!って感じです。

冒頭のジルの写メと全く関係ない内容でしたが、スミマセンです^^;
スポンサーサイト
別窓 | ジル | コメント:15 | トラックバック:0
旅行
2013-07-09 Tue 20:57
お久しぶりです。

先日、ジルを連れて伊豆へ2泊3日の家族旅行へ行ってきました。

両親も僕も犬を連れての旅行は初で、
ジルも初の遠出となりました。

ただでさえ車嫌いのジルは東名高速を降りるくらいまで、
父の膝の上で震えていたようです(苦笑)



↑無理矢理膝から降ろされたこともあって顔が緊張してます(笑)


4時間超の夜のドライブを経て宿に着いて、
初日の夜は僕がふとんに入るまでジルは部屋をずっと歩き回ってましたが
2日目ともなるとさすがに眠いのか夜は寝てばっかりでした。





伊豆はペットサービスが結構充実しているようで、
シャボテン公園や植物園やバラ園は犬連れで入場できるので楽でした。

シャボテン公園でいろんな動物をジルと対面させてみましたが、
そんなにジルも興味ないようでなんだか予想外で^^;
ラマや鳥類が愛想良く(?)寄ってきてくれても特に気にせず…

ジルの考えはよくわかんないです(笑)

他にもいろいろ行ってみたんですが
動物好きの僕にとってはシャボテン公園が一番おもしろかったです。

園内放し飼いの動物も多くクジャクが歩き回っていたりペリカンが飛び出してきたり
なんか自由な感じでよかったです。

大型の色の綺麗なインコがカメラを向けるとピタッと止まって静かになり、
シャッターチャンスをくれるのも印象的でした(笑)



そういえば、ジルに初の海を見せました!(父が)

水嫌いのジルがあんな大量の動く水をみたらどうなるかと反応を楽しみにしていたんですが、
連日の慣れない道での運転に疲れ、僕が寝坊ばっかしてたので父が早朝の浜辺へ連れて行ったそうです。

ジルは…

できるだけ波打ち際から離れ、
海藻や貝殻を拾う父を遠くから見つめていたそうです(笑)

ダルは最初だけはいきなり海に飛び込んでいったんですけどねぇ…
(その後波が引く感覚にビックリした後は全然入らなくなりました)

同じ家に育った犬なのに個性バラバラですね。



にしても猛暑の始まりにぶち当たってしまったので暑かった…

下田は、なんというか栃木より陽差しは少し柔らかな感じがしますが蒸し暑かったです。

あと、坂とカーブが多くて運転疲れました……





帰宅日はジルも車で寝れるくらい車慣れしてました。

今回の旅行でジルは知らない土地でも無駄吠えせずに落ち着いて行動できると分かったので、
また車で行ける範囲のペットに優しい地方があったら行ってみたいです。



にしても、暑いですね…
夜になっても暑くて…
体調気を付けないとヤバいですね。

朝の散歩の時間を早朝に変えたので暑くてももう眠いです。。
別窓 | ジル | コメント:6 | トラックバック:0
今日は寒いです
2012-09-25 Tue 14:11


マンガカメラとかいうアプリで撮ってみました^^

けっこーうまく撮れたかな(笑)
別窓 | ジル | コメント:6 | トラックバック:1
ジルの白髪
2012-07-20 Fri 23:46


本当に、ジルの白髪がよく目立つようになってきた。

確かに前に比べたら行動がだいぶめんどくさがりというか横着にもなった。

まだまだ飛び跳ねるし走るしよく遊ぶけど、確実に老化は進んでいる。






友達の所の犬(16~17歳)がついに寝たきりになった。

その友達は実家を出ているから介護はお母さんがやっているらしい。

毎日ずっと吠えていてお母さんが参ってしまっているそうだ。



ダルを思い出しながら話すのはまだちょっときつかったけどこらえながら、

薬を使う方法を話した。

それに加えて薬を使うとどんな気持ちになるかとかも話した。


友達は薬を使う方法を選びそうだった。



それに加えて友達は、

最期どうだった?とか骨とか墓どうした?とまで聞いてきた^^;

その前段階で結構感情的になってたのに追い討ちかけられて

いろいろとこらえるの必死だったから答えるのやめようかと思ったけど、

友達の「犬めっちゃ可愛がってる奴ってあんま少ねーじゃん?教えてよ」って言葉に負けた。


全部の質問に答えた。

僕は話が終わる頃にはちょっと泣いてた。

でも友達はバカにすることもしないで「がんばったんだな」と言ってくれた。

そして「つられて泣きそ(笑)」と笑ってた。

予想外に優しい友達にもっと泣きそうになったけど悔しいから我慢しといた(笑)


今までどっか、こいつ良い奴…なのか?って疑ってたとこあったけど、

普通に良い奴なんだな…と思い直した。





老犬介護ってその最中は本当にきつくて辛くて

閉鎖された生活のようになってたまんないけど、

終えてからもなお得る事もあるなんてやっぱり貴重な体験だと思う。
別窓 | ジル | コメント:4 | トラックバック:0
ジル、老化…?
2012-06-04 Mon 23:15


すっかり放置ですこんばんは^^

最近急に暑くなってジルがちょっと弱ってる気が…

まだ冬毛が抜けきらないしブラッシングしようとしてもじゃれついて

僕の手を容赦なく噛んでくるから(ジルは遊んでると思ってる)

冬毛が取りきれない。

そのせいかやっぱり体温上昇が早いのかさんぽ中に

数回立ち止まって休憩をとるようになってきた。

ペットボトルに水を詰めて持って行くようにしたら

喉が渇くとちゃんとねだるようになった。

そういうとこジルは本当に飲み込みが早い。





昨日、夕方のさんぽに行くのにはちょっと早い15時半頃、

ジルがさんぽをせがみ始めた。

安田記念見てたら雨が降り始めたとか言ってたから、

もうすぐこっちも降るかなーとは思っていたけどまだ早いしレースみたくて動かなかった。

でもどんどんジルのねだりが大声になってきたから根負けして出発。



歩き始めたらどんぴしゃで雨降り始めた(笑)

でもぽつぽつとだけでさんぽに支障ないレベル。

でもいつ降り出すか分からないから早く帰りたいと僕は思ってた。

なのにジルはのんびりと草喰ってた↓(実はカメラ目線)



だいぶのんびりした後、家にようやく帰った。

雨はまだぽつぽつとしか降ってなくて、

庭でジルの冬毛をなんとしてもとってやろうとブラシを持ったら


大雨(笑)


ジルは雨が来るの知ってたんだろうか…






とりあえず、朝のさんぽは早起きして涼しいうちに。

水持参でさんぽに行く。

夕方天気が変わりそうでジルがさんぽをせがんできたらさっさとさんぽに出る。


と、決めた。



ジルの老化が確実に進んでるのを感じた。
別窓 | ジル | コメント:4 | トラックバック:0
| 老犬介護中 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。