もう少しで17歳だったダルメシアンの介護日記と11歳の雑種犬との日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
日記01
2011-03-31 Thu 10:30
ダル、朝6時起床。

いつもよりちょっと遅い。

夜寝つきがいつも以上に悪く深夜2時頃迄ごねてたせいだろうなぁ。


朝ご飯はさっさと完食。

その後は僕の膝にアゴを乗っけてのんびり。


午前中、いつも2時間ぐらい寝るはずが、

うとうと→暴れる→父になだめられる→うとうと→暴れる

の繰り返し。

見るに見かねた父がカートで散歩に連れ出す。


帰って来て昼ご飯。

ダルは前から1日にメイン2食の間食2回なのです…

父がどうしてもあげちゃうんだよね。

だから1回の量を調節して小分けであげる感じ。

この日の昼食も完食。

その後またうとうと→暴れるのループにはまり、

またしても父がカートで散歩に連れ出していた。


そして帰宅後、夕飯を完食。

ようやく満たされたのか2時間ぐらい眠ったそう。


でもこのまま寝かせておいては夜また寝なくなる!

ってことで僕が帰宅した19時以降は

僕の膝に頭を乗せ眠そうにしつつも22時まで起こす。

22時頃安定剤飲ませる。

その後すぐにぐっすり。。。



夜鳴きなくて助かったけど…助かったんだけどー…


朝4時、ばったばったと暴れている音で僕が目を覚ます。


さっそく庭へ出てオシッコ。

寒がるのですぐ家の中へ。

でもまだ騒ぐ。

仕方がないのでガムを食べさせ水を飲ませる。

騒ぐ。

そしてまた庭へ連れ出すと今度は大きい方!

昨日は午前中に1回しただけだったから仕方ないかな!

ってことで銀魂EDを鼻歌で歌いながらオムツ交換。

  あ、オムツ着用は2月頃からだったな。
  書くの忘れてた。
  大の方だけならまだトイレシーツでよかったんだけど、
  抱き上げる度にオシッコ出ちゃうようになっちゃったんでね。
  オムツに尿取りパッド当てて使用してます。
  この辺の詳細は改めて書こうっと。

キレイになったよー!!って抱きしめてあげるとおとなしくしてた^^

でも寝かせると…

騒ぐ。。。。

僕も眠気MAXなので、ダメ…寝るから。と言って布団にもぐった。

けどダルは騒いでた。

たぶん朝ご飯よこせの騒ぎだと思うけど、この時まだ5時なんだもん。

無理ーーー。と言ってもこなってしまったダルには何も聞こえないわけで。

途方にくれながらうとうとしてると騒ぎを聞きつけた父参上。

僕「助かった…」と言い残し二度寝(笑)



その後、起きてみると父が着替えるヒマもなくダルの世話をしていた。

僕は着替えを済ませ父と交代。

僕の膝に頭のせてダルはなんだか眠そう。

僕の朝食中もずっとそうしてた。

結局その後朝寝に入った!!

だったらもうちょっと遅く起きてくれたらよかったのに…

と思いつつ、父にダルをまかせて僕は出勤です。



ダル、あまり父に負担かけないで良いコでいてね^^;
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
始め!
2011-03-30 Wed 19:00
今日から老犬介護日記開始。

たぶんこのブログは"残しておきたい"っていう日記的なものになるかなー。



主人公というか主役はうちの16歳3ヶ月になるダルメシアンのダル!

室内犬。

で、もう1匹外飼いでジルという雑種犬を飼ってる。

こちらはまだ若く約8歳(拾ったので詳細は不明)なのでまだ介護犬ではないのな^^

っても充分にシニア犬だけどまだまだ飛び回ってるので若いってことで。





ダルの老化の経緯。(ざざっとね。)

・去年初め頃から後ろ足の弱りが目立つようになる。

・去年夏、猛暑のせいかいつものようにさんぽに出たある朝突然、
 歩かなくなり普段なら1分で歩く道を1時間かけて歩くことが続く。

・夜鳴きが激しくなったのでついに僕が一緒に寝ることに。
→この頃から排泄に変化有り。
 絶対に家の中ではトイレしないのに大きい方を夜中にしてしまう日が出てきた。

・秋頃、自力で立ち上がることができなくなる。

・冬の初め頃、立っていることが困難になり始める。(体重が微妙に減り始め28kgくらいに)
→真夜中、夜鳴きしては散歩に出なければならなくなる。頻尿傾向になり夜中に2?3回は外出。
 寝ている間の排泄(大きい方)のおもらしもちょっとずつ増えてくる。

・12月、後ろ足がかなり細くなり介助がないと立っていることも歩行も困難に。
→相変わらず夜中の散歩は連日連夜。

・2月、前足も弱り始め自力での歩行は完全にできなくなる。
→夜中の散歩はなくなったが寝付くまでは「庭へ出ておしっこ」が頻発。



そして今。

体重は21kgにまで減り、

父手作りの介助器具で生活をしています。

寝たきりではないけど歩行はできずな状態。

伏せの体勢も保てずなので寝そべるか、介助器具に乗っているかのどっちか。

日中は僕が仕事なので父が介護をし、

夜、僕が帰宅してからは二人で看つつ添い寝は僕。

安定剤を飲ませてはいるが深く寝入るまでは大騒ぎ。

  これがたまらなく重労働でストレスフルなんだよなぁ^^;

  家族内で父だけがご主人様であるダルを

  僕がなだめ寝かすのは本当に至難の業でねェ。



母は、軽くなったとはいえ21kgのダルを持ち上げての移動はできないので、

父と僕がやっていた家事をこなしてくれているって感じかな^^

基本、家事分担してやってた家族なもんでねー!

ダルの24時間介護してると今までやってたことまで手がまわらなくって><

そこをフォローしてもらってるというわけ。



こんな感じかな!

ざざっとな割に結構な長文^^;

でも記録だからコレ。

おいおいいろいろと書いて行こうと思います。

よろしくどーぞ。
別窓 | ブログ | コメント:2 | トラックバック:0
| 老犬介護中 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。