もう少しで17歳だったダルメシアンの介護日記と11歳の雑種犬との日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
日記27
2011-09-20 Tue 22:15
先日の記事では本当に皆様にご迷惑をおかけしました。

皆様からのお言葉、とても感謝しています。

本当にありがとうございました。

おかげさまでダルは薬でおとなしく毎日を過ごしています。



今日はその薬の件。



どうしても騒いでどーしょもなかったダルだけど、

動物病院で処方された薬、アセプロマジンでおとなしい犬に変貌した…^^;



薬をもらう時の動物病院の先生の説明では、

・飲ませてから薬が効くまでに1~2時間、

・体重10kgに対し1錠(従ってダルは23kgなので2錠)

・持続時間は12時間

ということだったので1日2回2錠ずつで投薬し、

効きすぎるなら半錠に割って調節して下さいと言われた。



初投薬は18時過ぎに父が2錠飲ませた。

(↑僕との約束では20時頃飲ます。だったが我慢できなかったらしい)

ら、19時前にはもうくったり。

約20分ぐらいで効き始めてしまったらしい。

その後は21時ぐらいまでちょこちょこと小さいかすれた声で鳴き、

オシッコを要求してたので外へ連れ出してはいたけど、、

目は開いてても騒がない。。今までに無い状態。

水は飲ませようとしても飲まずで父も僕も、

薬効きすぎじゃね…(汗)

と怖くなるくらい効いていた。

肝臓で代謝する薬だから肝臓が弱っていると効きが悪いと

先生から説明されたけど効きすぎる方の説明は聞いてない!と

焦ってしまうほどだった。

目の下から膜のようなものが出るとも説明はされたけど、

実際にそうなったダルの顔はちょっと衝撃的で痛々しくて…。

(そのダルの顔写メは普通に記事に載せるには

 躊躇するところなので追記に置いときます。)



その夜、ダルはずっと寝っぱなしだったそう。

朝も起きていても吠えずにぼーーっとしてた。

でもご飯は食べたけど食いっぷり悪く、

あともうちょいで終わりって時に食べるのをやめて

寝てしまうという事態…昨日までのダルにはありえなさ過ぎ……

と、ちょっと怖くなってきたので父と相談の結果、

投薬ストップに^^;



でも、その後薬の効き目が切れ始めてきたのか、

目の下の膜が引っ込み目がハッキリしてくると、

やっぱり騒ぎ出した^^;



というわけで、1.5錠にして投薬。

これで1日2回で12時間おきを目安に投薬中。


今はこんな感じでやっております。




いやーなんというか…。。

人間ってワガママな生き物だと再認識。

自分自身の感情で再認識。


騒ぎたおしてたダルには、

うっせ。とか平気で言って無視したり怒ったりしてたクセに、

いざおとなしくなっちゃうと逆に心配で話かけてみたりとか

都合良すぎだよね。自分のことだけど。


でも父の体と精神面の負担はだいぶ軽減されたようで一安心かな。

もうおとなしすぎて日中の時間、

父は逆に手持ちぶさただ…とも言ってたみたいだけど^p^;



ダルには申し訳ないけどだいぶ生活は楽になった。

今のところ排泄にも問題ない感じなので、

このまま投薬を続ける予定。



しかし、慣れないだよなこの静けさ…^^;

もうちょっと時間経たないと慣れそうにありません。



では、前述したダルの顔写メ。

ちょっと刺激強いかもなんで、閲覧にはご注意ください。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:10 | トラックバック:0
昨日はすみませんでした。
2011-09-16 Fri 16:20
昨日はちょっと取り乱した記事になってしまいすみませんでした。

emi様、アミママ様、しずて様からのコメントを読み、

やはり何か他に道があるよなと思い直し、

もう一度冷静に父と話すタイミングを測り話しあう事に成功しました。

その結果、安楽死ではなく薬を変えてみようという事になりました。





早速かかりつけの動物病院の先生に電話し、

ホリゾンが夜は比較的効いても日中は全く効かず参ってしまうという旨を話しました。

すると、すぐに先生は「お薬を用意しておきますのでいらして下さい。」と、

おっしゃって下さったので休憩時間使って行ってきました。



処方された薬はemi様が教えてくださっていた「アセプロマジン」でした。

とりあえず、今晩から飲ませます。

1日2回。





これで父の負担が軽減される事を祈るばかりです。



では、仕事抜けた分しっかりやらねばなのでこの辺で。

コメ返はちょっとお待ち下さい!!

ご心配かけた分早く報告したかったものですみません!!><
別窓 | ブログ | コメント:6 | トラックバック:0
どうしたらいいのやら…
2011-09-15 Thu 18:49
ついに、父が音をあげてしまいました。

恐れていたことが起こってしまった。

ここ数日、ダルは朝5時~夜23時過ぎまで、

吠える、水、外へ出る、吠える、水、外へ出る、

を一睡もせずに続ける。

日中のホリゾンを2錠に増やしてもなきやまない。

歩行器(とはいえ四つ足硬直しちゃってるからただの移動機)に乗せ、

外へ出てオシッコをオムツ内で済ませ、

2、3分じっと膝に頭を乗せているが暑さで部屋に戻りたがる。

部屋へ戻り、長時間歩行器に乗せていると腹側の皮膚が赤くなってしまうのでソファへ寝かせる。

するとすぐ、水を欲しがり吠える。

飲ませればまたオシッコの為に外へ出たがって吠える。

尿パッドを取り替える時も吠えてる。

食事を用意している時も吠えてる。


この繰り返しを何時間も続けるのが日中の介護。

23kgのダルを持ち上げ、おろし、

ずっと吠え続けるダルをなだめながらの介護は

体力的にも精神的にもどうしたって苦痛だ。



こんな日々が続いていたところ、父がついにキレた。



土曜日、ダルを動物病院に連れて行く。(=安楽死)



と、もう決めてしまっていて父はこっちの言葉を聞き入れてくれない。

家族内では、父、母共に処置に賛成。



僕だけが反対。



一番、長時間、ダルの世話をしているのは父。

父じゃないとダメなダルは僕がどんなに面倒みてもなき止まず、

結局父が来るとなきやむという状態。


夜中起き出しては騒ぐダルの声と、

なだめようとダルと外へ出ようとする僕の動く音で、

父も母もろくに眠れなかったこの約1年。


先日からはダルと父が一緒の部屋で寝るようになり、

夜中の騒ぎは無くなったが、

日中は今までと変わらず世話をし、

起きてから寝るまで昼寝も無くなりただただ続くダルの吠え声は辛い。

僕も仕事から帰ってからは夜寝に入るまでの間面倒みてはいるけど、

それくらいじゃもう父の負担を軽減させるのには足らない。


トイレ、風呂、食事と全てを慌ててこなし、

僕が家にいる時間以外はずっとダルと一緒なんだ父は。



そりゃ参るよな。

父は今日69歳になった。

決して若くない。





その父がダルの介護に音を上げた。

確かに父の体はダルを持ち上げたり降ろしたりの重労働のおかげで、

だいぶ痛んでいて医者通いが欠かせない。


でもそれだけじゃない。


口もきかずこちらの目も見ず、

「もう行くって決めたんだ。お前に言われる言葉はない。」

と僕をつっぱねる父の態度は


精神的に弱ってる証拠だ。


元々頑固オヤジだけどこんなに一方的な父は今まで無い。







僕はどうしたらいいのかわからない。

このまま父の言うまままかせてしまったら

本当に土曜日がダルの命日になってしまうだろう。

かかりつけの病院の先生が止めてくれることは無いだろう。





もう仕事を辞めてしまおうか。。そうすれば…

でも、そんな事を父が許してくれるだろうか?

ならばいっそ今辞表を提出してしまうか?それなら反対される間を与えなくて済む。

それなら安楽死を逃れることができるかもしれない。



でも僕が介護にあたってもダルは騒ぐだろうし夜の添い寝に僕が戻っても

父と母が安眠できるわけじゃない…



家出る?

でもそれはダルにとっての最愛の飼い主である父とダルを引き離すことに…








もし安楽死となってもダルは、

父が決めた事なら受け入れるのかも…

ダルは父がとにかく大好きだからな。







どんなに考えを巡らせても

本当にどうしたらいいのか、

何が一番なのか、

解決方が見つからない。





みなさんどうしてるんでしょうか。

みなさんもこの状態じゃ結論は安楽死ですか?

仕事を理由に日中の世話を任せている分際の僕が、

父に真っ向から反対するのはやっぱりただのわがままかな…





もしこのまま安楽死という最後をダルが迎えたら、

介護生活から解放される。

父も母も苛々せずに行きたい所へ行って、

老後の生活を楽しめるだろう。

幸せそうだね楽しんでますねと言われる生活を送れるだろう。





でもそれって、ダルの命を強制終了させた上での幸せだろ?

それでも幸せな暮らしと思えるのかな…

僕にはとてもそうは思えないんだけどな…
別窓 | ブログ | コメント:8 | トラックバック:0
日記26
2011-09-01 Thu 12:51




↑水飲んだりご飯はこの様にやってます。

前足が硬直してるから伏せもできない為、こんな感じ。

寝せたまま食べさせるとボロボロこぼすし消化にも良くなさそうだからね^^






どうもご無沙汰です。

結構前から始めたブログにもかかわらずまだまだ記事数が少ない^^;

更新率が本当に悪いデス。




近頃のダルの調子は相変わらず。

昼、夜とホリゾンは飲み続けてはいるものの、

昼寝時間はどんどん減って、夜もなかなか寝ない。

父への執着心は増す一方…


あまりにもすぐ吠えてすぐ父に怒られるくせに、

父の姿が見えないだけで騒ぐし、

父が立ち上がっただけで目を覚ますという感じ…

ここまで徹底してると執着心は逆に素晴らしい(笑)



そんな状態だからダルと一緒に寝ている僕があまりにも夜寝れず、

その騒ぎで連日夜中に起こされる父もたまらん。というわけで、

数日前から父がダルと一緒に寝る事に。

約1年のダルと僕の夜の部の戦が終戦?休戦?になった。



実は最近の寝不足のせいかはわからないけど、

アレルギー発症しまくりで^^;

鼻炎、皮膚炎が酷くて。

鼻炎の方は秋の花粉症かも?

でもここ数年花粉症は無かったのにまたも再発とは恐らく寝不足…

寝不足続くとすぐなんかおかしくなるんすよね。

で、皮膚炎の方は腕の内側や左足にじんましんのようなしっしんみたいなのを発症。。

この発症してる部分は全てダルが触れる回数の多い場所…^^;

どうやらあのダルメシアンの短毛が皮膚に刺さりすぎが原因です(笑)



僕、よえぇぇぇぇぇ(笑)

まぁもともとあんまり皮膚強いほうじゃないんでしゃーないっす(涙)



そんな経緯で、父はほぼ24時間ダルと一緒という事になった。

数日経つけど、夜中にいきなり起き出して騒ぐことは今のところ、

 皆 無 。

酷い話だよな^^;今までの苦労は何だ?^^;

父のデカいいびきや父の匂いでダルも落ち着くんだろうな。

ぐっすり朝まで寝て、父が起き出すとダルも起きるというように順調だそうだ。

日中ずっと大好きな父と一緒なのに

不安に陥りやすい夜に父と離れるのは確かに難しいよねダルにとっちゃ。



だがしかし、この不安が無くなり安眠な日々のおかげなのか、

日中の大騒ぎパワーはもの凄い。

大体10時間、ぶっ続けであーだこーだ言ってる。

なんでこんなに元気なんだこの老犬…120歳超えてるくせに!!

そう思いながらの毎日です。




ちなみに僕は、一年ぶりに自分の部屋のベッドに寝ようとしてみたけど、

なんか嫌な予感がしてベッドマットをめくりあげたら…

ベッドもマットレスもカビ大量発生中。



仕方なく僕はベッド購入するところからスタート…

今は父の寝床を借りて寝ている。



ジメっとしてますかんね世の中。

カビには要注意です。本当に。。
別窓 | 日記 | コメント:5 | トラックバック:0
| 老犬介護中 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。