もう少しで17歳だったダルメシアンの介護日記と11歳の雑種犬との日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
アセプロマジン
2013-11-06 Wed 23:35
先日、コメント欄にてご質問がありましたので、
画像付きでお話した方が早いと思い記事にしました。

以前、ダルに飲ませていたアセプロマジンです。
おそらく10mg、25mgと思われる2種とも残してありました。

CAM00738.jpg

CAM00742.jpg

画像のアップがうまくいかず向きがちょっとアレなんですが、
ものさしも置いてみたのでなんとなく大きさもお分かり頂けますかね・・・

大が7~8mm、小が5~6mmというところでしょうか。
大の方には「0221」と記載があります。

どちらが何mgかどうかさすがに記憶がなくてはっきり言い切れないところなんですが、
まぁ普通に考えて大が25mg、小が10mgだと思います。

過去記事も拾い読みしてみましたが、
アセプロを飲ませ始めた頃は5錠投薬してると書いているし、
大の方が入った袋に1日1回2錠と書いてあるので単純に考えても、
計50mg投薬をしていたという計算に合うのでおそらく間違いないだろうと。

ゆき様、お力になれましたかね・・・
もし不明な点あればまたご質問頂けると幸いです。



これ、父と二人でずっと開けていなかったダルの薬箱を久々に開けたのですが・・・
あぁこんなに薬を飲ませていたのか・・・と思うほどの大量の薬。。
それでもあんなに吠えながらも元気に生きてくれたんだなと感謝の思いがわきました。
フェノバール、ホリゾン、サロペール、ライトクリーンという目薬等々、
本当に大量の薬が出てきて、なんというか。
当時は忙しく当たり前のように与えていたんですが、
改めて見るとちょっとびっくりしてしまう量だなと。

血統書付きの犬は無理な繁殖から生まれてきた犬も多いと聞きます。
だから持病が重かったりすぐに死んでしまったりという話もよくあります。
そんな中でダルは本当に元気で長生きだったので良い環境から生まれたのかなと思っています。
(何度も尿道結石には苦しみましたが(苦笑))

介護の日々は本当に辛くて嫌になることも何度もありましたが、
ダルには僕の家に来てくれてありがとうと感謝しています。
もう一生忘れないでしょう。
ワガママでイタズラでうるさくて言うこときかないバカ犬でしたが、
本当に可愛くて最愛の愛犬です。

今、介護に苦戦している方々もどんなに悪態ついても愛想つかしても、
数時間、数分と経てば可愛い愛犬ですよね。
人間の一生は長いですが、愛犬の一生は儚いです。
介護、辛いですがかけがえのない時間になります。
一生の思い出の時間になりますので、どうか乗り越えてください。

僕のブログのコメント欄は自由開放ですし、
そんなに人目も気にせず悪態もつけますので発散の場にお使い頂いてかまいませんので、
ご自由にお使いください(笑)

なんか長くなってしまいましたが、何が言いたいかって、
とにかく応援しています!ということです!!

では、また。
スポンサーサイト
別窓 | ブログ | コメント:10 | トラックバック:0
| 老犬介護中 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。