もう少しで17歳だったダルメシアンの介護日記と11歳の雑種犬との日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
近所の犬
2013-03-04 Mon 21:16
先日の記事で紹介した犬、
いなくなりました。


詳しくは追記で。
先日書いた犬の所へ今朝行ったら犬がいませんでした。

鎖がちぎれているわけでもないな…と、
庭をうろうろしていたらいつもジルと仲良くして下さるご近所の方が出て来て教えてくれました。

犬は昨日の昼に親族の方が連れて行ったそうで、
どこにも引き取り手がないと話していたから多分保健所へ連れて行くんだと思うと言われ、
僕は何とも言えない気持ちに…。

僕はあの犬をあわよくば家で引き取れないかと考えていたけど、
ダルの介護経験があった僕の家でまた老犬を引き取るというのは
父も母もうんとは言わないだろうと思っていたので口に出しませんでした。

口に出したらまたそうやって深入りして何を考えている、
もうそんな犬の所へ行くのはやめろとでも言われそうだったから。


おそらく一年以上、あの犬はつながれたまま生きていたし
このまましばらく現状維持できれば何かが変わるかもしれないと思ってました。
でももしかしたら最悪の場合保健所に連れてかれてしまうかもしれないと心配はしていました。

恐れていた日がこんなに早く来ると思っていなかったです。

昨日は日曜だったから保健所は休みです。
もしかしたら今日はまだ生きているのかもしれません。

どうにかあの親族の方が飼い主になってくれないだろうか…

そんなことを願いながらどうにもならない
何にもできない自分にがっかりしてしまいます。


母にあの犬が保健所に連れてかれたかもしれないと話すと
仕方ないわね…とひとしきり話を聞いてくれましたが、
最後には変に深入りするからこういう事になるのよと言われました。

やっぱり僕にはどうすることもできないようです。


飼い主が突然いなくなっても
健気に家を守り抜いた犬の最期が保健所というのは
あまりにも残酷な気がしてならないです。
スポンサーサイト
別窓 | ブログ | コメント:6 | トラックバック:0
<<ようやく | 老犬介護中 | ご無沙汰してます>>
この記事のコメント
黒ラブママ様
コメントありがとうございます。

今はもうこの犬がいた家の敷地は売り地となっています。
今もよくその前を通りますが、何も情報は無く、
どこかで元気にしていると思いたい気持ちともういないのかな…
という気持ちとが混ざり合って何とも言えない気持ちになります。

グルービー君というお名前なんですね^^
ダム湖にいたところを黒ラブママ様に迎えてもらえたんですね!
そういう運命を辿れてグルービー君本当に幸運ですね^^

ペットショップから犬を買う事に反対はしませんが、
まずは保護という観点から犬を飼う事を考えて下さる人が増えると良いなあと思いますね。

グルービー君、元気そうで何よりです^^
2014-04-22 Tue 18:00 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
何とかしてあげたかったですね
大切な命もう少し皆が協力してなんとかできたらいいですね。うちの子もガリガリになってダム湖(山奥)でフラフラしてたので、連れて帰って来ました。立てた時はとても優しいいい子でしたよ(^_^)いろいろな人間の事情とは言え哀しく思います。でも我家の近所には、結構保護犬がいるので、もしかすると何処かで元気にしてるかもしれませんね。この間は返事有り難うございました。
また良い知らせがあったら教えて下さい。私もグルービーとの時間をなるべく穏やかに楽しく出来る様努力しています。
2014-04-16 Wed 22:01 | URL | 黒ラブママ #- [内容変更]
しょこママ様へ
大変遅くなってすみません!!
コメントありがとうございます。
久々でしたのに寂しい話題ですみません。

やはり僕の予想通りの事が起こるんですね。
しょこママ様のお話で確信しました。
別に他人に何か言われても僕はかまわないのですが、家族はやはり嫌がります。
それを思うと何もできませんでした。

あの犬が今どうしているのか全く分かりません。
おじさんの家は早々に取り壊され今はもう空き地になりました。
それを見るととても切ない気持ちになるのであまりそこを通らなくなりました。

少ない望みかもしれませんがあの犬が幸せであることを願っています。
2013-04-04 Thu 11:37 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
お久しぶりです。
久しぶりに更新されていたので、覗いて見ると、なんとも悲しいお話ですね(T_T)
私も近所の老犬を引き取って介護しましたが、散歩するにも「あそこの犬よね」とか言われるし、近所だけに虐待の疑いなんて言えないし、車に乗せて遠くまで連れて行って散歩しなければならなくて、「もう、可哀想な子を見つけても、他人の犬は助けられないな」と思ったものです。
私も家族から「二度と、野良犬やよその犬を連れて帰らないように、きりがないから」と言われてるので、カカシさんの気持ちがよくわかります。
どうにもならないけど、そのワンちゃんが助かっていますようにと祈るばかりです。
2013-03-22 Fri 12:21 | URL | しょこママ #- [内容変更]
アミママ様へ
本当にやりきれないです。

できる限りの事をしていたとはいえもっとどうにかしてあげたかったです。
今は引き取られたご親族の判断が保健所ではないことを祈るばかりです。

良い知らせを聞きたいです。
2013-03-08 Fri 18:45 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
ツライですね。
お話を聞いただけで、辛いです。
実際、間近で様子をみていた土方カカシさんは
やりきれない思いでしょう。

どこに思いをぶつけてよいのでしょう。

言葉がみつかりません。
2013-03-08 Fri 00:11 | URL | アミママ #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| 老犬介護中 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。