もう少しで17歳だったダルメシアンの介護日記と11歳の雑種犬との日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
アセプロマジン
2013-11-06 Wed 23:35
先日、コメント欄にてご質問がありましたので、
画像付きでお話した方が早いと思い記事にしました。

以前、ダルに飲ませていたアセプロマジンです。
おそらく10mg、25mgと思われる2種とも残してありました。

CAM00738.jpg

CAM00742.jpg

画像のアップがうまくいかず向きがちょっとアレなんですが、
ものさしも置いてみたのでなんとなく大きさもお分かり頂けますかね・・・

大が7~8mm、小が5~6mmというところでしょうか。
大の方には「0221」と記載があります。

どちらが何mgかどうかさすがに記憶がなくてはっきり言い切れないところなんですが、
まぁ普通に考えて大が25mg、小が10mgだと思います。

過去記事も拾い読みしてみましたが、
アセプロを飲ませ始めた頃は5錠投薬してると書いているし、
大の方が入った袋に1日1回2錠と書いてあるので単純に考えても、
計50mg投薬をしていたという計算に合うのでおそらく間違いないだろうと。

ゆき様、お力になれましたかね・・・
もし不明な点あればまたご質問頂けると幸いです。



これ、父と二人でずっと開けていなかったダルの薬箱を久々に開けたのですが・・・
あぁこんなに薬を飲ませていたのか・・・と思うほどの大量の薬。。
それでもあんなに吠えながらも元気に生きてくれたんだなと感謝の思いがわきました。
フェノバール、ホリゾン、サロペール、ライトクリーンという目薬等々、
本当に大量の薬が出てきて、なんというか。
当時は忙しく当たり前のように与えていたんですが、
改めて見るとちょっとびっくりしてしまう量だなと。

血統書付きの犬は無理な繁殖から生まれてきた犬も多いと聞きます。
だから持病が重かったりすぐに死んでしまったりという話もよくあります。
そんな中でダルは本当に元気で長生きだったので良い環境から生まれたのかなと思っています。
(何度も尿道結石には苦しみましたが(苦笑))

介護の日々は本当に辛くて嫌になることも何度もありましたが、
ダルには僕の家に来てくれてありがとうと感謝しています。
もう一生忘れないでしょう。
ワガママでイタズラでうるさくて言うこときかないバカ犬でしたが、
本当に可愛くて最愛の愛犬です。

今、介護に苦戦している方々もどんなに悪態ついても愛想つかしても、
数時間、数分と経てば可愛い愛犬ですよね。
人間の一生は長いですが、愛犬の一生は儚いです。
介護、辛いですがかけがえのない時間になります。
一生の思い出の時間になりますので、どうか乗り越えてください。

僕のブログのコメント欄は自由開放ですし、
そんなに人目も気にせず悪態もつけますので発散の場にお使い頂いてかまいませんので、
ご自由にお使いください(笑)

なんか長くなってしまいましたが、何が言いたいかって、
とにかく応援しています!ということです!!

では、また。
スポンサーサイト
別窓 | ブログ | コメント:9 | トラックバック:0
| 老犬介護中 | お彼岸>>
この記事のコメント
黒ラブママ様
こんな辺境のブログにコメントありがとうございます^^
拙いブログを読んで頂き恐縮です。

保護犬を飼ってらっしゃるんですね。
幸せなワンちゃんです。
介護は本当に疲れますし精神的にも削られますね。。
父と僕もそれまでろくにケンカもした事なかったのに介護中は些細な事でよくケンカしました。
それだけ余裕がないんですよね。
でもそんな僕らを見たダルは泣き止むのできっとツラい思いをさせたんだと思い、
未だに後悔する事の1つです。

介護している時は毎日を終えるのが一苦労ですが、
終わりは本当にあっけないです。
かまってあげてもご飯をあげても外へ出しても泣き止まない、
老後のダルは本当に体力がありました(笑)
黒ラブママさんのとこのワンちゃんもそのようですね^^
物を噛んで破壊するなんて元気ですね(笑)
頭に来ることもガッカリすることもイライラもいっぱいだとは思いますが、
精一杯可愛がってあげて下さい。

今しかないという気持ちで乗り切っていけたらベストだと思います。

もしまたお時間ありましたらいらして下さいね^^
2014-04-15 Tue 18:37 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
犬を飼うって大変な事ですね
ダルくんの介護のブログ読んでいます。今 我家にもワンワンが止まらない老犬、(保護した犬なので年齢はわかりません)がいます。あまりにもワンワンが止まらないので、いろいろ調べていたらダルくんのブログに出会いました。すごくよく似た状態で思わず随分前の記事なのにコメント書いちゃいました。家族(二人)困り果て疲れきっていましたが、何だかブログ読んでいるうちにこの子にも、いつか旅立ちが来るのだと思うと今やれること、(沢山愛情)いっぱいしてあげようっと思いました。うちに来て3年半の黒ラブで丁度ダルくんと同じ体重で半年前から立てなくなり、今はオシッコもウンチも自力では出せなくなり、四六時中ワンワン言ってます。なかなか私に思いが通じないんでしょうね。イライラすると口の届く範囲のものを噛んで破壊してしまいます(≧∇≦)甘えん坊でやんちゃで、でも可愛くてしかたありませんね。毎日何度もイライラさせられますが、出来るかぎりの事 、してあげようと思いました。
2014-04-13 Sun 23:55 | URL | 黒ラブママ #- [内容変更]
南様&アミママ様へ
コメントありがとうございます。
遅くなりすみません。

シュウ君ではなくシュウちゃんだったんですね!
犬とはいえ女子に…失礼しました(笑)

内蔵が丈夫なところはダルと同じですね^^
内蔵が丈夫ですと人間と同じようにやはり元気ですよね。
(無駄に元気で困ることも多いですが(苦笑))

夜中の散歩と吠えのコンボはこちらへのダメージでかいですよね…
今思い出してもあの時は本当きつかったなぁと思います。
毎日2時間置きに夜中外へ出ていた時は
僕の方が先に逝ってしまうんじゃないかと思う程でした^^;
そんな気持ちをどうにか持ちこたえようと夜空みて気を紛らわしました。
ぜひ見てみて下さい。流れ星も見えたりすると気分も上がります^^


アミママ様もだいぶ周囲に気を遣ってらっしゃったんですね。
エレベーターを掃除までする等、大変ですよね本当に…
僕の家は一軒家で周りもそれなりに離れていたり、
お隣さんが自営の工場なので騒音がそれなりにあるのでお互い様のような感覚なのだと思います。
その点では恵まれていたのかな。
まぁたぶんダルのあの性格じゃアパートやマンション暮らしは
はなっから無理だったなぁと今確信しました(笑)


こうしていろいろ思い出しながらコメントを書いていると、
アミママ様が最後に言ってらっしゃるあの背中や頭をなでたいという気持ちになりますね。
当たり前のように触っていたのに感覚を思い出すしかできないのは切ないんですが、
あのダルの手触りは一生忘れないなとあったかい気持ちにもなります。

またいらっしゃって下さい。
て、、その前に僕も更新がんばります(笑)
2013-11-18 Mon 18:17 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
頑張って!!
皆さま、老犬の介護にご苦労されていますね。
本当に辛い日々だと思います。
「頑張って」の言葉は頑張っていらっしゃる方々には有効な励ましではないと思いますが
でもでも頑張ってくださいね。
いつかきっと老いた愛しい子と一緒に過ごした日々がどれほど素晴らしかったか思う日が来ます。

マンション住まいなので(ペットOKです)鳴き声や音、匂いなどにもずいぶん気を使いました。
エレベーターを使った後はエレベーターの床の毛をコロコロでとったり、
鳴かないようにそばにいてやるために私は廊下に布団を敷いて寝たり・・・
色々な思い出があります。
その時は辛いと思うこともありましたが、今となってはステキな日々です。

あの温かい背中を触りたい、頭を撫でたい、抱きしめたいと心から思います。
2013-11-16 Sat 01:17 | URL | アミママ #gW6m2cRw [内容変更]
返信ありがとうございます
土方カカシ様

いえいえいえ^^;
焦点の合わない時なんかは全然ダメですし、何を言ってるのかわからない時もあります。シュウは白内障と歯周病と膀胱炎以外、内臓は丈夫なので飼い主は助かっているんだと思います。
変な書き方になってしまったかも。
申し訳ありません。

今年1月2月は、深夜に起きてもなかなかオシッコがでなくて、深夜に何度も外に連れ出したりしました。
少し歩いてようやく帰宅すると逆に興奮して鳴きだす始末。
毎日寝不足でしたが、休職中だったのでなんとか乗り越えられました。
仕事や介護、子育てしながらの方は、どれだけ大変だろうと思います。

真冬の夜中の散歩は辛いですね^^;
寒くて下ばかり見てました。
今夜は夜空も見てみようと思います^_^

ダルちゃんは防音対策が不要な環境だったのですね。
我が家も比較的自然の多い環境で犬を飼っている方が多いので、多少は大目みてくれるかもなんて‥引越の挨拶をしっかりしていれば大丈夫でしょうか‥。頑張ります!

ちなみにシュウの本名はシュークリームで、女の子です^_^
恥ずかしいので、フルネームでは呼べません(笑)

いきなりの訪問に温かくお答え頂き、ありがとうございました!
また是非お邪魔させて下さい。
2013-11-12 Tue 21:18 | URL | 南 #GDMnerkk [内容変更]
南様へ
こんばんは、はじめまして。
コメントありがとうございます。

豆柴のシュウ君?ちゃん?の介護、お疲れ様です。
豆柴だとうちのジルより少し小さいくらいでしょうか?可愛いですよね^^

ブログも読んで頂いたようで、恐縮です。
シュウ君もたくさんいろんな病気してきたんですね。
それでも長生きなのは南様の看病が行き届いているからだと思います。
本当にお疲れ様です。

深夜の散歩、毎日のようにやってたなーと僕も思いだしました。
寒いと本当きっついんですよね…星空は綺麗に見えるんですが^^;
これからの季節は夜中は寒いですからあったかい格好でお出かけ下さい。

シュウ君の泣きを落ち着かせられるなんてすばらしいですね!
僕はなっかなかできなくてこのブログの通りの有様でした。
とても羨ましいです。

そして、本題の鳴き声対策ですが…実は何もしていませんでした。
僕の住んでる所は結構田舎なので多少吠え声がしてもそこまで大音量で聞こえてないようで…
ご近所の方に会うと謝罪していたのですが本当にそんなに聞こえてなかったようなんですね。
日中は吠えてても、皆さん「あーダルちゃん元気だわー」程度らしかったので、
夜は冷暖房を大概入れてたので雨戸を閉めるくらいでした。

都会だとその辺りの心配は大変ですよね…
お引越先でもご理解頂けるといいですね^^
2013-11-12 Tue 18:05 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
はじめまして
もうすぐ16歳になる豆柴(シュウ)を飼っています。我が家のシュウも時々痴呆の症状がでるようになりました。

ダルちゃんとの毎日。
シュウと重ねながら、うんうんと頷きながら読ませて頂きました。
色々な老犬ブログを読ませて頂いた後は、必ずシュウにベタベタ。
ウザがられる飼い主でございます。

シュウは13歳の時に変形性脊椎症が悪化して以来、癲癇やパニック状態になりやすくなりました。
アセプロ二錠で下半身の力が抜け、お漏らししながらも、目を閉じたくないと泣く時は『いよいよきた』とおもいました。

昨年の冬は前庭疾患になり持ち直したものの、そこから夜中に泣く事も増え、深夜の散歩は毎日です。

1年かけて、少しずつ我儘の理由が分かってきて、シュウの希望を叶えてあげられているのか‥?
単に症状が軽いのか‥?
何とか、にゃーにゃーヒンヒンと泣いていても落ち着かせる事が出来るようになりました。

ここ最近は、焦点が合わず泣いて走って止まらない時も、アセプロを半錠飲ませるだけで済んで居ます。
このままで居てくれたら良いのですが‥。

実は、もうすぐ引越をしなければなりません。
今はお隣さんとの関係が良好で、シュウの事も親身になって頂き、多少の声には目をつむって下さいます。
それだけに不安がつのります。

外に漏れる鳴き声の対策は何かされましたか?
2013-11-12 Tue 10:00 | URL | 南 #GDMnerkk [内容変更]
ゆき様へ
お疲れ様です。
拙い記事で申し訳ありませんでした。

アセプロはそれだけ特徴が異なると違うメーカーの物のようですね。
1社だけがアセプロを製造しているとは考えにくいですもんね。
お力になれずすみません。

薬の効きが悪いのはわんちゃんがまだまだ元気で、
沈静効果に抵抗したい気持ちが強いというのも手伝う事があるようです。
うちも散々主治医さんに電話で質問したり相談はたくさんしました。
アセプロに関しても、アセプロという名前を具体的に出して、
投薬はどうだろうかと相談し、結果処方されたような記憶があります。
ですので、いろいろ調べつつも主治医さんと『話す』のは大事だと思います。

老犬介護の喜びはありますね~(笑)
夜中にダルが外へ出たいと騒ぎ、出したら出したで延々と突っ立ってる状態が続いたとき、
僕が寒くてうずくまっていたらふとダルが歩いて寄ってきて僕の顔を舐めたんです。
老犬になってからめったに顔を舐めることはこちらから近づかない限りしてくれなかったので
ビックリしましたが本当に嬉しかったです。

介護が必要になる程に犬の寿命が延びたのは最近ですし、
犬の飼い方が変わってきてまだ日が浅いというのが現状ですよね。
なかなか情報が得られず、結局は試行錯誤の毎日というか^^;
ブログ、始めてみるのはおすすめです。
僕はやはりダルが可愛かったから何か残したいってただそれだけで始めてみただけですし^^
写真を半永久的に保存できるという点でも結構重宝しています。

ゆき様のわんちゃんも結構お薬多いんですね。
確かに知識がないだけに主治医さんの指示通りにしかできないですよね。
勝手な判断で投薬やめて愛犬に何かあったらと思うとやめられないですよ^^;
ですが、主治医さんとあまりに合わないなーと感じたらセカンドオピニオンもアリだと思います。

どんなに周りから大往生だと言われても、
もっと長生きさせられたんじゃないかとか自分はもっとやれたとか
自分を責めるような後悔は今でもあります。
もう一生背負っていくんでしょうねこれは(苦笑)
後悔のない介護なんて絶対自分には無理だと元々思っていたので、
今でも残る後悔には予想通りという感じで受け止めています。
たまに介護ブログで悔いはないと仰っている飼い主さんを見かけると
本当に羨ましいですね^^;

介護の期間は生活全てがお犬様になってしまいますが、
そう長くは続かないんでね…
とは分かっていても過酷過ぎるっちゃ過ぎるんですが(笑)

そのストレス発散がてら、また気が向いたらいらして下さい^^
介護を終えた先輩方もたまーに覗きにいらしゃってくれてますんで、
コメント等に関してはそちらが超参考になりますから!

では、寒さにお気を付けて。
2013-11-08 Fri 18:58 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
土方さん、こんばんは。
 
わざわざ、画像までアップして頂いて
本当にありがとうございます。
 
見させて頂きましたが、残念ながらうちが処方されてるのとは
別の物のようです。
どちらもアセプロなんでしょうけど、
製薬会社が違うのでしょうね。

うちのはもっと濃い黄色で、角が無いコロンとした薬です。
割れ線もありません。

でも、やはり内容量で大きさが違うようなので
たぶん、うちのアセプロも10と25では
大きさが違うのでは?と思いました。

うちは確かに効きが悪いですが
容量以前の問題で効き難い可能性もあるので
もう少し様子を見て、やっぱり効かないなら
思い切って先生に聞いてみます。

老犬の介護は、本当に大変です。
個体差があり、手探り状態なのでみんな悩むのでしょうね。
でも、喜びもたくさんありますよね!!

この子がこうなって、毎日のようにネットであれこれ調べて思いましたが
やはり情報が少ない気がします。

ですので、土方さんのブログもそうですし
他の老犬介護をされてる方のブログも、
とってもとっても参考になるし、元気も頂けます。
私もブログでもやって、少しでも情報発信しようかなって
ちょっと考えちゃいました。(^^;)

ダルちゃん、お薬が多かったんですね。
でも、老犬だと仕方ないのかもしれません。
うちも多いですよ。
今は、心臓のが1種類、肝臓のが1種類、お腹のが3種類、
状況によって飲ませる薬が2種類ありますから
ご飯の時に5~6錠は飲みます。
この他に鎮静剤(今はアセプロ)なので
ホントに多いですよね。

でも、必要の無い薬もあると思うんですよね。
この辺の事は書き出すと長くなってしまうんで書きませんが
医学の知識がないってキツイなって心から思います。
主治医との信頼関係が一度でも崩れると尚更に・・・。


ダルちゃん、純血の大型犬で17歳まで生きれば
大往生だと思います。
それでも、飼い主はもっと何か出来たんじゃないかって
後悔してしまうもんなんですよね。
きっと私も、絶対に後悔すると思います。

今の私に出来る事は何でもやろうって思ってますが
それでもきっと、小さなことを思い出しては後悔が募るかなって。

でも、逝ってしまった未来を想像しても仕方ないし、
今、こうして私の前にいてくれる事を感謝しつつ、
今後もこの子との時間を大切にして行こうと思います。


長くなってしまいましたが、今回は突然の質問に、
薬を探して頂き、画像まで載せてくださって
本当に心から感謝しております。

このブログの記事も、コメント欄も、
とても勉強させて頂いてます。
今後も介護の参考にさせて頂きます。


朝晩の冷え込みがキツクなって来ました。
お体に気をつけて、御自愛くださいませ。
ジルちゃん関連の更新も、楽しみにしています。

長文、乱文で申し訳ありません。
ありがとうございました。
2013-11-07 Thu 03:00 | URL | ゆき #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| 老犬介護中 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。