もう少しで17歳だったダルメシアンの介護日記と11歳の雑種犬との日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
日記12
2011-05-13 Fri 17:42
moblog_e55b2d9b.jpg

ここ数日、どんどんダルが元気に…パワフルに…なっています(泣)


元気になっているって言うといいことかもしれないけど、

簡単に言うとワガママがひどくなっている状態ってわけで^^;


水を飲ませた後、げっぷが出るまで体を支えてあげて上体を起こしておくんだけど、

その間も待ってられずにバタバタ暴れて寝るの起きるの騒ぐように…

いつもはちゃんとおとなしく僕に甘えるような感じでもたれかかってたのに最近全然ダメ!!

なんとかなだめて抑えておくんだけど結構難しいです…


介助器に乗ってる時も右前足1本しかきかないので画像の様にななめってます。

なので、父も僕も手があかない時は体の左側に壁や冷蔵庫が来るようにして待ってもらってます。

ダル本人はすげぇ不機嫌だけどね^^;



今朝も朝4時から昼14時まで一睡もせずにずっと、

「ピイピイピイ…ワンッ!!」を延々リピ。

あまりに聞きすぎて最近父も僕もその鳴き声に動じなくなってきた(苦笑)

でもそれぐらいじゃないと介護続けていけないかもしれんです^^;


ダルを助けられるのは父か僕。

ダルより先に倒れるわけにはいかんのです^^





ダルの介護を通して、父と2度程大きなケンカをした。

でも、お互い「イライラしてた。ごめん。」と謝り、より協力するようになった。

一人じゃできないんだ。



今までも周りの友達と比べたら僕は父と会話する方だった。

けど、今は前よりももっとたくさん話すようになった。

笑い合うようになった。もちろん母も含めてね^^



これもダルのおかげだと思ってる^^


blogram投票ボタン
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:5 | トラックバック:0
<<日記13 | 老犬介護中 | 日記11>>
この記事のコメント
emi様へ
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなり申し訳ございません。

emi様もダルメシアン介護なさってるんですね^^
ペピータちゃんもうちのダルとそんなに変わらないお歳ですね。

うちのダルはもう後ろ足はぶら下がってるような感じで
左前足だけが動くという状態なので介助ナシではもう歩けません。
だからペピータちゃんの方がちょっとお元気でしょうかね^^
家も歩けなくなる前まではフローリングや畳の部屋にマット敷いてました^p^
その上にペットシーツしいたりいろいろやりました。
歩けてもよろついてしまう犬は本当に目が離せなくてそれはそれで大変ですよねぇ。

犬の介護って、言葉が通じないだけに人間の介護より大変な部分があると思います。
僕は、昔っから犬が好きという気持ちは強いと思ってました。
でもそれすらも揺らいでしまうくらい大変なことだと思い知らされています^^;
去年末にダルが完全に自力で歩けなくなってからというもの、
僕が友達に会ったのは3回だけになります(笑)
父もゴルフが趣味で月に何度も行っていたのに今年に入ってから数回しか行ってないです。
それに比べ非力な母は、ダルの介護はさせられないし遊びに行くのをやめる必要もありません。
ですが、それを頭でわかっていても自由に遊びに行けていーよなぁ。。と、今でも思わず思ってしまいます。
父と一緒にダルをようやく寝かしつけたのに、
母がドアを何度もバタンバタンと勢いよく閉めダルが起きてしまうということが度々あり、
それが溜まりに溜まり母とケンカになり手をあげそうになったことすらありますよ(苦笑)

でも犬はそれを見たら、感じたら、自分のせいで…って絶対悲しみますよね^^;
犬って人間が思ってる以上に感受性豊かだと僕は思ってますので、
そんな思いさせちゃダメだとどうにか自分を抑えるようになりました。

emi様がおっしゃるペピータちゃんの性格、うちのダルにも当てはまる部分多いです^^
わがままで甘えん坊でとにかく食いしん坊。もうドンピシャです(笑)
ダルメシアンってみんなそんな犬なんですかねぇ^^

僕もどんなに夜中でも早朝でも言うこと聞いてくれなくても暴れていても吠えていても、
無理矢理にでもダルに抱きつくと、
あぁまだ生きててくれてる。。と思わずにはいられないです^^;
お恥ずかしい話ですが、僕もしょっちゅう涙ぐんでます^p^;;

僕の場合は、僕より長時間、毎日懲りずにせっせと面倒みてる父がいるからこそ、
自分も介護できてる部分が相当あります。
それでもこういうブログで思いを書き連ねたりしているわけで^^;

でもこうしたことで同じような思いをしてる方がいるって分かって、
僕も気持ちが晴れます^^
むーー!!とイラっとしても、もうちょっとがんばってみよう。。と思えるようになったです!^^


そして、ダルの異常な動きについてもお応え下さりありがとうございます。
やはり何かの発作の症状な可能性が高そうですね…
昨日も数回この症状が出たのですがなんとなく数日前より長くなってるような気がして心配です。

ペピータちゃんもこの症状だしておられるのですね。
クロミカルム錠はダルはまだ飲んだことがなさそうですが、
心臓の薬の服用や獣医さんがおっしゃる言葉は同じですねぇ!
何かここが変な気がして…と質問しても、
「まぁ歳だからね!元気だよこの年にしては!」と言われて大体終わりです^^;
前庭疾患はどんな感じですか?
うちのもやってるのかな…?ちょっと不明でしてお聞きしました。

僕もなんだか長いコメ返になってしまいすみません。
あまり文章力が無いもので^^;
重くなんて思ってないですよ!逆に嬉しく思ってます^^

ぜひぜひ、おヒマな時はいらっしゃって下さい!
誰にも言えない愚痴でも書き込みに来て下さいね(笑)
きっと僕もその愚痴には共感するでしょうから^^
2011-05-16 Mon 16:30 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
アミママ様へ
お返事、遅くなってしまい申し訳ございません。
土日はどうしてもPCに向かう時間がとれずでして…^^;

emi様とのやりとりも拝見させて頂きましたー^^
自分のブログがコミュニケーションの場になるなんてなんだか嬉しいですね^^
どうぞご自由にお使い下さいませ!


ダルメシアン、やはりワガママ性格は犬種の特性ですかね^^;
シニア犬になってきた頃は動きもゆっくりになりそれなりにおとなしかったですが、
ワガママいう時だけは全力で吠えてたんですよね…
それが今は日常になったという感じで^^;

やはりアミママ様も経験者でしたか(笑)
あまりにずっと吠えられるとさすがに「うるさい!」と言ってしまいます。
でも怒ったところで何も変わらないor悪化するだけなんですよね。
そこが介護のキツいとこだなぁと感じます。

アミママ様にはお嬢様がいらっしゃったんですね。
ダルメシアンの介護にはどうしても腕力が必要になりますよね。
おかげさまで父も僕も腕の筋肉が発達しました(笑)
老いて体が細くなってきてはいても
女性には体を持ち上げたり移動させるのはなかなか難しいですよ。
アミママ様はもしかしてそれをもこなしていたのですか…?

みなしご救援隊の件、こちらこそありがとうございます!
自分が書いたことによって少しでも多くの動物が助かるのならこれほど嬉しいことはないです。

ダルにもお気遣い頂けて本当にありがたいです!!
ダルはダルメシアンでもだいぶ大きい方なようで、
もともと30kg近いデカダルだったんですが…アミちゃんのサイズに合いますか…?^^;

と、お薬!!
そんなにも残ってしまったんですね><
もしアミママ様さえよろしければ譲っていただけますか…?
お金はお支払い致します^^
お薬の種類はどんな感じでしょうか?
教えて頂けますと嬉しいです。
2011-05-16 Mon 15:27 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
お邪魔します。
emiさん
私は5月10日に1995年2月6日生まれのダルメシアン(アミ)を
亡くしたばかりで、つらくて「ダルメシアンの老犬」のサイトを探して、こちらにたどり着きました。

我が家のアミは亡くなってしまいましたが
emiさんが書かれたことは全く私も同感、同じ経験でした。

いたずらで甘えん坊で人見知りで怖がりで
怒られてもぜんぜんめげなくて、食いしん坊で・・・
それでも可愛い子でした。

アミのおかあさん犬は17歳2ヶ月で亡くなりました。
だからアミも17歳を目指していたのですが・・・・

もう少し、早くお知り合いになれたら良かったです。

こちらのブログにお邪魔する身でありながら
コメント返しして、出すぎてすみません。

カカシさん、今後ともよろしくお願いいたします。
お邪魔しました。
2011-05-15 Sun 17:07 | URL | アミママ #gW6m2cRw [内容変更]
はじめまして。
1995年8月1日生まれのダルメシアンのおばぁちゃん(ペピータ)を介護中のemiと申します。
最近一段と衰えが目立ってきて・・高齢のダルメシアンを検索していてたどり着きました。
本人は普通通りに生活しているようでもだんだん脳が衰えて統率がとれなくなり脚の運びも不自由になりました。特に後ろ足の麻痺が顕著です。寝るときも以前のように滑らかに体を滑らせる事は出来ずタイミングが合わないとバタバタもがいてしまいます。足を滑らせて転倒する事も多くフローリングの部分にはすべてマットを引きました。いつまで歩く事が出来るのか不安な日々です。
犬の介護の話はいろいろと聞いてきましたが、自分の身になると
やはり一言では言い表せないくらい大変なものですね。
人にはいろいろと励ましの言葉をかけてきた身ですが・・
行き場のない思いをどこに当たって良いのか解らない日もありました。介護が必要になり目が離せなくなった頃どこにも出かけられない自分にいらいらして仕事や付き合いで簡単に出かけていく
主人が憎らしくなったり(>_<)離れて暮らす長女にたまには帰ってきてペピータの世話してよ!なんて言ったり・・今思うと随分かわいそうなことしました。こんなにも無条件で私を信じ愛してくれるかわいい子。今はペピータといられる時間が愛おしくて・・寝顔を見ていると涙が出ます。元気で・やんちゃで・わがままで・甘えん坊で・食いしん坊。何度怒られても明るく前向き。あなたがいてくれてどんなに楽しかった事か・・。温かいぬくもりいつまでもいつまでも感じていたい。
あなたらしく最後が迎えられるように私が頑張る番ですね。

土方カカシさんのブログを読んでいて気づかされる事たくさんありました。父子男同士で力を合わせて介護されている飼い主さんがいたなんて・・。私も頑張らねばと励まされました。
介護に悩んだときカカシさんとダルちゃんを思い出します。
私一人じゃ無いって。同じ立場で思い悩む仲間がいると。

それから・・

「突然、前足を突っ張って顔をぐいいいいと上にあげてする引きつけの様なけいれんのような動きを連発」

これは高齢の犬に多い神経発作(てんかんのようなもの)ではないかと思います。単発ならダメージは軽いですが、連発(重責)するとダメージとしては大きいです。薬でコントロールする場合もありますが高齢犬ですと何も手をうたない事が多い様です。
ペピータもやはりこのような症状と前庭疾患をたびたび繰り返しています積極的な投薬治療はせず不安症状を取り除く効果のあるクロミカルム錠を使ったりします。心筋症もあり心臓の薬は常飲しています。かかりつけの病院では一番の高齢ダルメシアンで、私がバタバタ心配すると、先生にこんなに穏やかに老齢期を過ごしていて幸せな事ですこれ以上何を望みますか?と笑われます。

すみません・・・つい一気に綴ってしまいました。
私介護なんて全然平気よ!なんて強気で過ごしてきたものですから・・胸のつかえが取れたような気持ちです。
カカシさんが重たくなってしまったらごめんなさい。

これからもカカシさんのブログ拝見させて下さいね。
私もまた近況報告いたします。





2011-05-15 Sun 11:53 | URL | emi #- [内容変更]
ダル君!感謝しなさい(笑)
ダルメシアンって、けっこう、ワガママですよね?
(うちの子だけ???)

車椅子作ってもらって、ダル君、幸せですよね~

私もアミが鳴いてもすぐにそばに行ってあげなかったり
「うるさいなー」って言ったことありました。
今では、それは後悔の種です。
でも、たしかに介護中はちょっとぐらいは「我慢」してもらわないと
やってられなかったんですよね。

土方カカシさんはうちの娘と同じぐらいの年齢ですね。
ちゃんとダル君の面倒をお父様と協力し合って看られてエライです。
男手が必要ですもの。

ところで、こちらのブログで「みなしご救援隊」を教えていただいて
アミの残したものを使ってもらえるか問い合わせをしました。
今日、「使わせていただきます」とお返事をいただいたので
2.3日中に少し送るつもりです。

教えてくださってありがとうござました。

ダル君が使えるようなものはないですよね?
もし、使って下されそうなもの(着古したりしていて差し上げるにはちょっと・・・なんですけど)
ご入用なものがありそうならご連絡ください。
お薬がダル君とおなじならお送りするのですが・・・(3万円分そっくり残してしまいました)
2011-05-14 Sat 00:02 | URL | アミママ #gW6m2cRw [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| 老犬介護中 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。