もう少しで17歳だったダルメシアンの介護日記と11歳の雑種犬との日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
日記18
2011-06-17 Fri 19:35
20110525182629.jpg

↑オムツ替え中。

ダルは怒っています(笑)



最近、唯一達者に動いていた右前足の動きが悪くなってきた。

日に日に突っ張りが強くなっている。

父や僕が気がついた時に曲げ伸ばしさせて動かしているけども、

触る度動きが悪くなっているのが分かる。進行が早い。

いよいよ全部の足がダメになるのかも。



そしてここ数日、23時過ぎから26時まで騒ぐようになってしまった。

雨降ってる夜中は最悪。

雨が降っていようとも庭の真ん中まで行かないとダルの気は済まない。

でもまさかそんなのに付き合ってられないので

屋根のある所で我慢させるんだけど…


ソファに寝かせても要求が満たされていない!と騒ぎ続ける。

から、また外へ出る。

庭に出れない→部屋に戻る→繰り返し…


その繰り返しにさすがに頭にきて雨の中ダルだけ庭に出した。

介助器の上でしばらく雨にうたれてもらった。

当然、僕は屋根のある離れたところで様子みるだけで、

体を支えてやろうなんてしなかった。


さすがにダルもぐったりとうなだれてきて、

時々僕の方を伺うように顔を上げるだけになってきて

この雨じゃ服もだいぶ濡れただろうな…という頃に救出。


部屋へ戻り怒りも慰めもしないで体を黙って拭いた。

ダルは僕が怒ってると思っているらしくタオルの動きにいちいち目をつぶっていた。



そんなダルが急激に愛おしくなり、

ぐしゃぐしゃ頭のへんを拭きながら

「昔さんぽから帰ってきた時こうやって拭いたね。気持ちよさそうだったよなダルは」

と何気なく話しかけた瞬間涙が出てきた。

思い出してしまった昔のダルを。



ダルは雨でも風でも雪でも散歩に行きたがった。

なのでカッパを着せてまでさんぽに出ていた。


帰ってきて、

「シャワーするぞー」と声をかければ

ちゃんとシャワー室へ向かう。

洗い終わってタオルで拭いてやってる時、

ダルは首の辺りを逆なでされるのと、

後ろ足もものあたりを拭いてやる時にかぎって、

ぐーーーっとその部分を伸ばして目をつぶって気持ちよさそうにする。

なので首とももは長めにごしごし拭いてやった。

そして逆立った毛を直すようにと「はいブルブルしてー」と言えば

耳をパタパタ言わせながらぶるぶる体を振って毛並みを直してた。



そんなこともうないのか。



とふと頭をよぎった瞬間涙腺崩壊してしまった。

同じように首の辺りを拭いてやっても首を伸ばす動きはなかった。

老犬になって表情も薄くなったよな。

怒ってゴメン。




怒った感情をギリギリで留めたり、

我慢できず声を荒げるような夜が連日続いてるから寝不足。

目の下のクマがひどいと言われ自分の顔よく見たら結構ひどい(苦笑)

寝不足すると気持ちに余裕がなくなって短気になる。



真夜中まで寝ないくせに早起きなダル。

だいたい朝5時には起きて騒ぎ出す。

そんなだから僕は3時間ぐらいしか睡眠が取れず。。


昼夜逆転してるのかなとも思うけど、

昼間ダルを寝かせないとなると父にさらなる負担が行くだろう。

そう思うと現状で我慢するしかない。



僕がもう限界…って思ってダルの世話をしたら、

ダルはその気持ち読み取ると思うんだ。

もしそれでダルを失ったら…

と思うととてつもない後悔に襲われそうだ。



だったらやるしかない!

弱気は捨てる。

もっとやれるぞと思うことにする。


目の下にクマあるけど今日も立ち向かいます!(`▽´)
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ダルの年齢 | 老犬介護中 | オムツ>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| 老犬介護中 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。