もう少しで17歳だったダルメシアンの介護日記と11歳の雑種犬との日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
続 雪の日
2011-06-23 Thu 18:58
突然蒸し暑い日々ですね。

ってわけで少しでも涼をとるかのように雪の日の思い出をもう1つ。





先日はっきりしたダルの生まれ年である1994年は僕は中1。

だから、ダルは1歳、僕が中2頃の冬の事だと思う。



大雪で部活が早く終わって帰ってきたら

姉がダルをさんぽに連れていくところだったんで同行。

雪の降る中、「走るし!」とジャージだけで一緒に出かけた。



作物がうわってない畑でダルを姉が放した瞬間、

突っ立ってた僕にいきなりダルが猛突進。

僕は無様にコケた(笑)



で、開戦。

逃げても逃げてもダルが僕だけを狙って突進。

姉がけしかけてもダルはチラッと姉を見るだけで、

すぐに僕をロックオンで跳び蹴り、体当たり、馬乗りで大はしゃぎ…

僕がクタクタになり逃げるのをやめて雪に寝転べば

すかさず上に乗ってきて顔をべろべろべろべろ…

立ち上がるとまたも突進体当たり攻撃。



家に帰ってきた時はジャージはびっしょりでところどころ穴が開いて、

髪の毛もビッショリ、顔はヨダレでぬるぬるベトベト。

姉はあまりにもかまってもらえなかった事でふてくされ気味。

ダルだけが上機嫌でご飯おねだりコールをしてた。



この日は母に怒られた。

学校指定のジャージ高いのに!!と。



なんだか結末が前回の雪の日の思い出とかぶってるな(笑)





この前、この日の事を姉にしたら姉もよく覚えていた。

真っ白い雪の中で叫びながら逃げる僕と

楽しそうに獲物(=僕)を追いかけるダルは本当におもしろかったそうで^^;

倒れた僕は雪の中に埋もれてしまって見えなくなるが、

そこへトドメを刺すかのごとく向かって行くダルにはもう笑うしかなかったらしい。



昔から本当にやんちゃで遊びとイタズラと盗み食いが大好きなわがまま犬。

今でもわがままな性格はご健在だけどね^^

今日もワガママ放題して疲れたら寝るんだろうなぁぁ





↓画像は姉が年賀状に使うために撮ったという写真。

20110623170405.jpg

ねずみ年…?

ということは95年頃のかな…若いねー^^





追記は余談。

たまたま16歳約1ヶ月を生きたダルメシアンの介護をなさった方のブログを見つけた。

最期のことが事細かに書かれていて写真もたくさん載せてくださっていた。

老犬介護者の役に立つだろうという姿勢でいろいろ書いて下さっているのだが、

あまりにリアル過ぎていくらも読めなかった。

ここまでできねー…って思ってしまったのも本音。

そして、僕はまだまだ覚悟ができていないということも分かった。

僕はあまり身近な『死』を経験していない。

どんな風にその時を受け入れるかなんてきっと考えても無理なんだと思う…
スポンサーサイト
別窓 | 思い出 | コメント:5 | トラックバック:0
<<お知らせ | 老犬介護中 | 日記19>>
この記事のコメント
emi様へ
遅くなりすみません><

昔のことを思い出すと楽しかったことが次々とよみがえります。
これ赤い糸なんですかねぇ~!
でもここまでお話しできる方々と出会えたので
アミちゃんが引っ張ってきてくれた赤い糸ということで良いですよね^^

ダルメシアンって耳をなくすと結構アザラシ顔でかわいくなるんですよね。
だからかぶり物するとすごくかわいくなる気がします(笑)

ショーン君のブログはとても論理的に事実を書かれていますよね。
ですが、覚悟の甘い僕にはまだ読むのは早かったのかな…という印象でした^^;
飼い主さんの試行錯誤の模様が介護の大変さを十分に知らしめてくれていますよね。

お薬の件で進展がありました!
なかなか寝付かないので1錠増やそうかと医者に相談したところ、
体重からいって増やすことは問題無いが、
部屋の雨戸を閉めてみては?と言われ、なるほど…と思い試したところ…、

バッチリでした(笑)

朝日が入らないせいで部屋が明け方明るくならないので
父や僕が起きる時間まで起きなくなったのです!(笑)
こんなこともあるんですね^^
薬ばかりに頼らない目線も持ちたいものだなと思いました。

目の前で起きて騒ぐ犬をみていると薬で黙らせたいなと思ってしまいますよね。
でも医者にいざ言われると思い直して断ってしまう…なんてよく分かります。
安定剤を飲ます時も僕は最後まで反対してましたから(笑)

ダルは去勢してないのです。
血餅は一度出したきりでその後は薬が効いたのかまだ出てきていません。
膀胱炎は…たぶん尿路結石が慢性化しているところもあるのであるのかな?
ただ結石の数値は問題ないということなので現状維持されてるかなと思います。
ダルメシアンにとって泌尿器系統の病気は当たり前といってもおかしくないそうですね。
困った犬種ですね…^^;

歯茎が白くなるのはなかなかドキッとします^^;
本人は普通に元気だったんですが、
僕がどうも気になり医者へ連れて行ったところニトロを処方されたという感じでした。
ダルも心臓発作というよりあの以前にも書いたぐいいいいと言う動きですかね…
苦しそうに白目をむくあの動きは見ていて辛いです。

ぺーちゃんも見た目平気そうなのに実は…という感じだったようですね。
心臓がフル稼働ってどんな状態なんでしょうかね…
苦しいのか痛みはあるのか呼吸は辛いのか、
言ってくれたらいいのに…と思うことが日々増えていきますね。

ぺー君もダルもしぶとく強い(笑)
本当にそうですね^^
その頑張りに悩まされてもいるけれど元気づけられることもたくさんありますよね。

覚悟できてますかemi様は…
僕はまだまだできず…ですね。。
ダルの介護が終わったらいろいろやろうなんて不謹慎なこと考えたりしてみるのですが、
いざ膝の上に頭を乗っけてるダルをなでてるとやっぱずっとそばにいなよ!って
思ってしまうんです(苦笑)
ヘタレですみません^^;;;

fiilyって雌の子馬って意味なんですね~
勉強になりました★
2011-06-29 Wed 12:48 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
アミママ様ヘ
遅れてすみません><

なんとなく情景がお分かり頂けましたでしょうか^^
とても懐かしく楽しかった思い出です。

そうです!
ショーン君のブログを読ませて頂きました~
2011-06-29 Wed 12:18 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
Name 訂正
先程投稿したコメント
使い分けているfillyになっていました。
emiの間違いです。

emiって本名なもので
面が割れると困るとき
fillyを使っています。
ちなみに

colt 雄の子馬
filly 雌の子馬
なんですよ~。
2011-06-24 Fri 12:33 | URL | emi #- [内容変更]
!(^^)!♪♪
アミママに同感e-343

も~本当に楽しい日々だったよね~
み~んな一緒なんだね・・
住む場所は違ってもカカシさんアミママ
そして私きっといつも同じ時間に同じ想いを
共有していたんだよね。
そして今巡り会えた。
赤い糸ってあるんですよね(^_-)

ちょっと涙出てきちゃったけど
アミちゃんが生きていたら・・・なんて
そんな想いがよぎりまた。
この出会いはアミちゃんが引き寄せててくれたような気がしますe-276

ダルメシアンってかぶり物よく似合うんですよね~
ダル君可愛いe-266
お母様の手作りお洋服も素敵。
ダル君が土方家でどんなに大切な存在なのか
良く分かります。

ショーン君の事目を通した事ありますが・・・
疲れた。正直な感想。
でもここまでやれた事、飼い主さんのこだわり
もろもろ・・素晴らしいと思う。

But 私は我が道を行く!!です。

薬の件差し出がましくすんませんです(^^;)。
眠剤の方の提示も受けているのであれば
言う事はありませ~ん(^-^)
飼い主さんと相談しながら処方する物なので
ま~一日おとなしくしておく訳にもいかないし・・
許容の範囲内で上手に使うしか無いですものね。

私もぺーが寝なくて困る・・と先生に言うと
大変だったら薬だそうか?と言われます
そ~言われると・・まだ大丈夫です!!
私頑張れます!!なんて答えます。

ダル君去勢はしてますよね
血餅が出るときは膀胱の炎症がかなり強い事を
疑います。膀胱炎もあるのかな?
後は前立腺。去勢するのが10歳を超えていたり
遅かったりすると肥大した状態が長引くので
二次的に膀胱が刺激されドロドロした血餅状の血液が尿に出てくる事もあります。
二度も手術をされて大変でしたね。

持病を抱えこの年齢まで存命するのは凄すぎる
ダルメシアンは泌尿器系弱いですからね。
ぺーも良く膀胱炎になります。

心臓の働きが悪くなると血液がうまく心臓に流れなくて虚血状態になります。
歯茎が白くなるって見ていて怖いですよね。
それでニトロール飲んでいるんですね。
ペピータは幸いに心臓発作なるものには
まだなった事はありません。

ぺーの心臓は加齢による僧帽弁閉鎖不全。
こちらの方は高齢犬の宿命みたいなものですから
そろそろ薬でもなんて思っていて、たまたまエコー検査を
したところ心筋症がわかりこちらの方が重篤でビックリ
だったんだけれど・・先生も。
心筋が硬く肥大していて血液が流れる場所が狭窄していて
一生懸命心筋がフル稼働している状態だそうです。

ぺーの場合一線を越えたとき
心臓が静かに動きを止めるそうです。
そしたらもう二度と動かない。
でも検査してから1年近くもそれなりにいるので
まだまだいけるんじゃない?なんて楽観的。

先生に心の準備はしておいてね。といつも
言われます。
大丈夫心の準備は出来ていますって!!

ダル君もぺーもしぶといですからね~。
まだまだ飼い主を楽になんか
してくれないですよね~(^_^)v。







2011-06-24 Fri 12:25 | URL | filly #- [内容変更]
動画
動画を見ているようです。

雪の日の二人の様子、よーく、分かります。

必死な土方カカシさんと加減を知らずに遊ぶダル君。おかしいです。

懐かしい思い出ですね。

16歳1ヶ月まで老犬介護のブログって
ショーン君かしら?

2011-06-24 Fri 02:04 | URL | アミママ #gW6m2cRw [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| 老犬介護中 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。