もう少しで17歳だったダルメシアンの介護日記と11歳の雑種犬との日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
日記22
2011-07-15 Fri 18:21



ダル、だいぶ痩せた…よな。

でも上半身がなんかパワフル…^^;



祖父の病院通いもあってか、最近父が疲れている。

それに反してダルは元気になってきているようにすら感じる…

目もだいぶ小さくなったなぁと思っていたのに、

なんか最近はぱっちり。

まん丸の目で父の動きを追っている。

父が

「ちょっとの間こっち見ないでくれないか?」

と言う程だ(笑)



そんなダルを見ていると、本当に父しか見えてないんだなコイツ。。

と改めて認識させられる^^;





老犬になると、寝そべっているとベロがだらりと出てしまうようになるみたい。



筋肉の弱りだろうなぁ。

暑いせいももちろんあるだろうけどなかなかベロが口の中にしまい込めずに大変そう。




この顔をしている時、顔を近づけると

鼻や口や頬を舐めてくれるか、

唇をかじられる(笑)



先日、思いっきり唇をかじられ出血したバカは僕です。

たぶん食べ物をくわえてると思ったようで…

ダルは手から食べ物をもらう時、

未だにご丁寧に指を噛まないように注意してくれるので

その要領でやられたが為、気付かずかじられてしまった(笑)

昨日もやられそうになったけど警戒してたから回避できた。





最近、老犬介護を経験した友達に言われた言葉。


「介護することによって犬への『ペット感覚』が抜けて『家族』になるんだよ」


という言葉。

老いた愛犬に募る苛々や負の感情は、

愛犬が『ペット』だった時は湧き起こらないけど、

『家族』になったから起こるんだと。



一見、キツい言葉に聞こえるけど、

読んで理解した時、なるほどな。そうかも。と思った。


まだ思っただけの段階だけど、

この言葉によってダルの存在を無意識に

本当の意味での『家族』として認めてる自分に気がつくことができて、

ちょっと嬉しかったりもする。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:8 | トラックバック:0
<<日記23 | 老犬介護中 | 日記21>>
この記事のコメント
emi様へ
なかなかコメしに行けなくてすみません!!
ダルは相変わらずウルサイです(笑)
ぺーちゃんもお元気なら何よりです。

腫瘍、悪化しないことを祈るばかりですよね。
ダルも体のあちこちにぽこぽこと何かあります。
一度医者に相談しましたが老犬性のものだと言われただけなので、
放置中です^^;
ぺーちゃんもそんな感じなのでしょうか。

てか、これって破裂したりがあるんですかね?
だったらちょっと嫌ですよね…

人間も犬も歳とるといろんな事がありますね。
最悪でもその中の最良を選んでいくしかないですね^^
2011-07-27 Wed 16:05 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
(*^_^*)
こんにちは~
ダルちゃん変わりないですか?
ぺーちゃんも変わりなくバタバタ過ごしています。

台風のおかげで少し涼しくなり
一息ついています。

ぺーちゃんも 腫瘍持ちで
肩とシッポの付け根から10㎝程の所に
ちょっと気になるのがあります
肩はジワジワ広がっていますが
ぺーの寿命を考えたら手を付けなくても
良いかな~という感じ
組織検査はしていませんがそんなに悪くは
なさそう。

シッポの方もジワジワ大きくなってきていて
スーパーボール大という感じ
皮のたるみに余裕のないところなので
ちょっと気掛かりです。
おむつをした時ちょうどシッポを通すところの
ストッパーの様になっていて良いのですが・・・
それが刺激になって大きくなってきちゃったみたい
良性のものなのですが
自壊したら困るなぁ・・・。

日々これで良し!なんて事ありませんよね
一つ一つ解決もしくは容認しながらの
生活ですね(^^)
2011-07-26 Tue 15:08 | URL | emi #- [内容変更]
emi様へ
ゴメンねのポーズ、想像しただけで可愛らしいですね!
そういえばダルも手をあげてぶつフリをしているとそんな動きをしたかな…
そうされてしまうとこっちも怒りが半減しますよね(笑)
ぺーちゃんの性格がかわいらしいんだなぁ^^

あーうちも同じです。
ダルはビルバックチュウを食べさせていますが、
ジルはお徳用愛犬ガムを食べさせているので、
ジルにガムをあげた後、手を洗っておかないとダルに気付かれ噛まれそうになる場合も(笑)
老犬だからって嗅覚が全くなくなったわけじゃないようで油断できないですね^^

ダルの吠え声はうるさいんです…本当に(-_-;;)
一時期声が小さくなった気がしたのですが最近は声量が復活したようです。。
ぺーちゃんとダルとを足して2で割りたい…(苦笑)

ぺーちゃんもやはり動けなくなった自分の体が受け入れられないんでしょうね。
動けない事を理解しろと言っても難しいでしょうし…
ダルも動きたくてずっと吠えているのも分かるんですが…
こればっかりはどうしてあげることもできないですよね。
何かいい方法ってあるんでしょうかねぇ。。

一度興奮させてしまうと静まるまでが大変ですよね。
やっぱりぺーちゃんも外へ出ると落ち着きますかー。
うちも同じです。外へ連れ出さないと絶対に落ち着かないんです。
昨晩のように台風で強風の中でも外へ出なきゃならないというのはなかなか苦痛です^^;

そうですね。。カッとなるともうやってられるか!という気持ちになってしまいますが、
一息入れて冷静になって、後悔しないようにしないと…と思い直してまたダルに向き合う。
そんな感じですね。

結局犬が好きなんですよね。
僕もダルの顔を見て、やっぱり可愛いな…と思います。
頭をなでたくなります。
だったら、介護やるしかないですよね^^
2011-07-21 Thu 10:46 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
(*^_^*)
数年前までは手に歯をあてるなんて事
無かったのですが2~3年程前から
遠慮無く手までいただくようになり
ただ手をがじってしまった!!という感触は
わかるようで以前良くしていたゴメンねのポーズの
名残の様な事をします。

何か悪いことをしたときなど
あ~ペピータ!! と言うと
首をすぼめ目をシバシバさせて
右前足で招き猫のようなお手をするのがぺーちゃんの
ゴメンナサイのポーズでした。

ね~ねに良く ”ごめんなさいは!?” と言われ
”ごめんなちゃい”なんてやっていました。

グリニーズが大好きで
ラッシー君にあげた後など匂いが残っていると
いきなり”パクッ” とされたりします。
勘違いも多く食べ物を持っていると
思い込まれると怖いです(笑)

鳴き声というのは
聞く方にとって本当に精神的ストレスが
強いですよね
カカシさんの大変さ良く分かります。

何でも受け入れて達観した
優しい気持ちでいる事は
本当に難しいです

ぺーちゃんも立てないんだから、歩けないんだから
動かないで横になって居ようよ!
と思うのに 立ちたいの!!歩きたいの!!
と言われて・・・ひっくり返っても
横滑りして転がってもやめなくて
お尻は赤くすりむけて痛々しくて
起こしてあげてもすぐ転がっちゃうんだから
そのままで居ようね
と言っても 諦めない・・と言うか
興奮するばかり
分かっていないんだものね

バタバタしている内に大きい方も小さい方も
したくなりさらに落ち着かなくなって
お外に出して排泄して

暫く好きにさせて気が済みそうになったら
お部屋に入れて何とか”よしよし”して
やっとねんねモード
この繰り返しだものね

どこかで気分を変えないと
とても穏やかな気持ちで介護続けられません。

アミママさんカカシさんを想い
そして後悔したくない
その一途な気持ちが心支えています。

なんてったって
ペピータが大好きなんだもの
やるっきゃないよねe-265




2011-07-19 Tue 23:06 | URL | emi #- [内容変更]
emi様へ
emi様もご理解頂けましたか^^
やっぱり介護経験者はすんなりくる言葉ですよね。

過去を思い出すと涙が出ることも多々ありますが、
まだまだ介護は続くしダルは目の前に存在してるんですよね。
試行錯誤して一緒に乗り越えなければならないことがたくさんあるし、
過去ばかりをみてはいられないなという気持ちになります。

負の感情を無理矢理おしこめるのではなく、
そんな自分も受け入れてみようと思うようになりました。
そうすることによって少しは怒らずにいられればもうけですよね^^

ダルはやっぱり大きいです…ソファ二人分は確実に陣取りますから^^;
足は残念ながらもう自分で曲げたり伸ばしたりすることはできないかと思います。

人間も歳をとるとベロの動きが鈍くなると言いますが、
犬も同じことが起こるようですね^^
ぺーちゃんも食べかす残ってますか!
うちのも下あご周りにいっぱい食べかすがくっついてたりするので、
ご飯後や水飲んだ後は必ず拭くようにしています。

ぺーちゃん…(笑)手にもかみつく勢いですか^^;
ダルも昔はひどかったのですが手をかむならあげない!と
教え込んだので今でも食べたい一心で気をつけてくれるみたいです^^;

急に手に食いつくなんて…なぜそんな事になってしまうんですかね?
何かおいしい匂いでもしたんでしょうか。
ごめんなさいポーズってなんか可愛らしいです^^
どんなポーズなのかな…


ステテコおわかりになりました?^^
ご主人も不思議に思われたでしょうね(笑)
水戸らへんだとうちより都会なイメージですね。
そこでもはかれてるならこちらではいても当然ですよねー^p^

地震は相も変わらずよくきますね。
もうそろそろ落ち着いてくれてもいいのになかなかしぶといもんですよね。
emi様もどうかお気を付け下さい。
2011-07-19 Tue 17:55 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
アミママ様へ
お疲れ様です!
またもコメ返遅くにすみません^^;

この友人からの言葉、老犬介護経験者だからこそ理解できる言葉ですよね~。

僕もきっと数年前にこれを聞いても意味が分からなかっただろうと思います。
今までだって犬は家族だと確かに思っていましたが、
真の意味での家族として思うようになったのは介護し始めてからだと今は思います。

うちのダルはおそらく老犬の中でも相当ワガママでうるさいのです…
そのせいもあってか怒らずに介護するのは相当心が広くないと難しいかと思います。
でも、この言葉のおかげでちょっとぐらいぶつかり合ったって家族だから仕方ないと、
言われたような気持ちになりました。

やっぱり眠かったり疲れがある時に、
ぎゃあぎゃあ泣かれたりすると本当にウンザリしてしまうんですが、
そう思うことすら許されないような心持ちではやっていけないんですよね。

苛々がつのってきた時は吠えてるダルから数十秒離れるようにしています^^;
そして一息ついて、アミママ様の「後悔しないように…」という言葉を思い出し、
今自分がどうしたら後悔しないかを考え、ダルの所へ戻り面倒みるようにしています。
そうでもしないと強く怒ってしまうことになりかねなくて…^^;
僕はまだまだ悟りの境地には程遠いです(苦笑)

ダルはちょっと前は20㎏前後でしたが今はどうだろう?
体重計引っ張り出して測ってみます^^

ダル王は本日も元気いっぱいです無駄に!!(笑)
2011-07-19 Tue 17:07 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
!(^^)!♪♪
同感です!!

若い頃はぺーちゃんは家族の一員!
と言いながら

心ならずも・・・
犬扱いをしていました
意識していたわけでもなく
かわいがっていたけれど
ペットだったんだなぁ~って

でも・・年をとり
アミママさんの言うとおり

「この子は自分が世話をしないと生きていけない」という存在になって、
益々いとおしくかけがえのない存在になっていく・・・。

そして・・

「介護することによって犬への『ペット感覚』が抜けて『家族』になるんだよ」
と言う気持ちに移行する

もう取り戻せない時間が
急に愛おしくて
切なくて
後悔する事も多くて

どんなに大切な存在だったのか
思い知らされる・・・

いろいろ考えさせられました。
良い言葉です。
今を大事にしなきゃね(^-^)

ダル君痩せていますが大きいですね
やはり足は突っ張ったままなのですね・・

老犬って口の動きや嚥下も
弱くなるので
どうしても舌の扱いが
もつれてくるんですよね・・

ペピータも食べたものが
ほほの内側に残っていたりして
口の中をきれいにできる程
舌をうまく扱えないようです。

でもダル君偉い!!
手をかまないように食べてくれるなんて!
ペピータなんて手から物を上げられません
手が無くなっちゃうかと思うくらい
思いっきり食いつきますから・・・・

普通にしていても
幻覚を見るのか・・
いきなり手に食いついてきたり
食べ物がないとわかると
一応ごめんなさいポーズの名残のような事を
します
食べ物に関しては・・・年をますごとに
鬼気迫る物があります

ステテコ何とか思い出したというか
わかりました!
主人にしつこく聞いていたら
嫌にこだわりますねぇ~
と笑われました

主人は水戸の出身です
水戸の父は良くはいていたそうです(^^)。

カカシさん
地震大丈夫ですか?
震源地は近いですか?
また急に揺れ出して
嫌ですね・・。
収まると良いですね(^_^)

2011-07-16 Sat 19:14 | URL | emi #- [内容変更]
良い言葉!
「介護することによって犬への『ペット感覚』が抜けて『家族』になるんだよ」

良い言葉だと思います。
たぶん、経験した人にしか分からないでしょうが・・・

私の場合、勿論、アミが若いときも「ペット」だとは思わず「家族」だと思っていましたが・・・
介護をするようになって、「この子は自分が世話をしないと生きていけない」という存在になって、益々いとおしくかけがえのない存在になっていくのですね。

でも、寝不足や疲れで、うんざりすることもあるし、
叱っても仕方ないのに、叱ってしまったり・・

それをいつまでも、くよくよと反省したり(今でもしてます)

うんざりすることも、怒りたくなることも当然の感情なんですよね。

「負の感情も否定しないであるがままの自分を受け入れることが大切なんだ」ってヨガで習いました。
「怒っている自分を見ているもう一人の自分がいることに気づく」というか・・・
なかなか悟りの境地には至りませんがね。

ダル君、今、何キロぐらいですか?
元が体格いい子だったから、痛々しく感じるでしょうね。

でも、快適生活、ダル王だしぃ・・・

がんばれ!!

ベロなんて出たままでも差しさわりなしっ!!
2011-07-16 Sat 01:33 | URL | アミママ #gW6m2cRw [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| 老犬介護中 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。