もう少しで17歳だったダルメシアンの介護日記と11歳の雑種犬との日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
日記30
2011-10-21 Fri 23:11
ようやく日記も30個目になった…



ペース遅っ(笑)





父が1泊検査入院してきてから、

少しずつダルの生活リズムが整ってきた感じ。



父が帰宅してきた当日の夜はもの凄い騒ぎを起こして、

父も僕もカリカリしたけど原因はこちらにアリ。



最近は、薬を飲ませる関係で、

夜22時頃に夜食を与えている。

が、しかしその日はソレを忘れてしまったわけで…



その日の22時頃、

僕が寝てるダルを起こして夜食を食べさせようとしたんだけど、

父が無理に起こさなくてもそのうち起きるからほっとけと言うので、

父に任せて部屋へ戻ってしまった。

そして夜中1時頃騒ぎが始まり何をしてもまったくもっておさまらず。

あまりにも騒ぐので父が「もしかしてお腹すいた?」とダルに聞くと

ものすごい勢いでグオングオン返事をした。

それで発覚(笑)

父が夜食をあげ忘れていたことを思い出した。

早速用意して食べさせるともの凄い勢いで食べ、

満足したのかダルはあっという間に寝てしまった。



ただ1杯の夜食のために数時間、怒られても何しても騒ぎ続ける。

これが老犬のすさまじさかも^^;





まぁこんなイレギュラーな騒ぎもあるものの、

夜はこんなリズム。



19:00~20:00 起きてたり寝てたり

20:00~22:00 なんやかんやと僕がちょっかい出して眠らせない

22:00~22:30 夜食食べてトイレして就寝

ここから朝まではいままでよりだいぶ寝る。

途中の1時・3時に起きるけどちょっと騒ぐだけで寝る。

なので、父もだいぶ体が楽だそうだ。

少しは飼い主孝行する気になったのかな?



ここ最近はインターホンに反応して吠えたり、

だいぶサボっていた番犬気取りをしているようで。

その上、僕の手や服が口元に来ると容赦無くかみつく。

この食いつきっぷりがピラニアみたいで結構嫌(笑)



呆けてるのかしっかりしてるのかよくわからない。

でもこのペースが定着すれば介護側もだいぶ楽になるのは確実。

なんとしても崩さないようにしておきたい。





で、追記。

これはいつもお世話になってるemi様へ。です。
emi様、ぺーちゃん、

僕が一番お二人に伝えたい言葉は

『ありがとう』です。



介護がキツくてへこたれた時、

emi様が気持ちを和らげてくれたり、

ぺーちゃんの写メ見て

「あぁやっぱり犬って可愛いな…愛おしいな…」

と、思い直させてくれたり、、

ホント感謝しきれないほど救われました。



本当は今でもまだ信じられないっていうか…

またぺーちゃんの新しい写メが見れると思ってしまったり。

あんまり整理ができてません。



ダルとどことなく似た顔をしたぺーちゃんは、

(いや、ぺーちゃんのが美人だな^^)

僕が初めてブログを開設し、

その中で出会えたダルと同い年のダルメシアンであり、

とても身近な存在でした。





なんだか考えてると泣けてきてしまいました。

まぁ僕が泣いたってしょうがないんすけどね^^;





emi様、ぺーちゃん、

本当にありがとうございました!!

ゆっくり休んで下さい。






以上、僕の気持ちでした。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:6 | トラックバック:0
<<日記31 | 老犬介護中 | 日記29>>
この記事のコメント
アミママ様へ
いやいやいや更新率悪いので
そんな気になさらないで下さい^^
忘れた頃に覗きに来て、気が向いたらコメする、
くらいのスタンスでお願いします^^

ダルはなぜあんな元気なんでしょうか?^^;
人間の元気をすべて吸い取って生きてるようにすら思えます。。

去年16歳を迎えた時、来年の誕生日は無いかな…
なんて寂しく思っていましたが必要ない心配だったかもしれないです。

最近、少し落ち着いて来たと思いきや、
やはり薬がうまく効いていただけだったようで
おとといからもうずっとひどい状態です。
穏やかだった時が嘘のようで。
うるさかった夏頃より上回る勢いで吠え続けてます。

後悔しなくなられたならよかったです^^
アミちゃんもきっとそれを望んでいたのではないかなとおもいますよ!

家に帰って誰もいないというのは確かに違和感感じると思います…
なんせ16年も帰りを迎えてくれていたんですからね^^
うちも、前はただいまーってリビングに入った瞬間、
よく飛びかかられて毛だらけヨダレまみれにされてましたが
もう無いんですよねそういうこと。
今は首だけ起こしてこちらを見つつ騒ぎの続きを聞かせられています^^;
2011-10-27 Thu 11:59 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
ボケてました。
ワタシ、毎日ダル君のブログ読んでいてコメントしたつもりだったのに
あれ?
してない。

わー、「心の声」だけでした。

失礼しました。

ダル君、体重減らず、ピンポンに反応するなんて
まだまだ頑張れますよ。

耳も聞こえて、食欲もあるならダイジョウブ!!
17歳まであと少しですね。

最近、少し落ち着いて来たとか。
良かったですね。
穏やかにゆったり過ごせると良いけど
あまり穏やか過ぎるとダル君ぽくないのかな?(笑)

アミが亡くなった直後は後悔ばかりでした。
あーすればよかった、こうすればよかった。
アミに謝ってばかりでした。
やっと最近、後悔しなくなりました。

それから帰宅してもアミが待っていないことが
身体で分かるようになりました。(身にしみて)
今はドアを開けながら『アミちゃん、ただいまー』って
言ってますが、「しーーん」です。
「しーーん」にやっと慣れてきました。


2011-10-26 Wed 00:56 | URL | アミママ #gW6m2cRw [内容変更]
しずてー様へ
ダルはなんだか知りませんが体重は減らないし、
妙に冴えてそうな時もあって老犬ぽくない老犬です^^;
まだ歩けてたらこんなにお互いストレスためなかったよなー。と、
思わず話かけてしまう日々です(苦笑)

日中は夏頃と比べたらだいぶ静かになりました。
じーっと父の背中を見つめて黙ってる時間もあるようで、
ちょっと怖いらしいですがまぁ落ち着いてるのでなんとか…って感じです。

ロイちゃんはまた薬効かないんですか?
昼間も夜も騒がれたんではしずてー様も本当きっついですね…
もっといい薬は無いもんなんでしょうかねぇ。。
そういえば、かかりつけの病院にアセプロマジンをもらいに行ったら
在庫が無いということでフェノバールを処方されました。
今晩飲ませるんですが…ダルにはどうなんだろ…^^;
おそるおそる今晩投薬です(笑)

そうですね。
後悔なく旅立たせてあげられるのは理想ですよね。
ペーちゃんは本当に可愛い良い子ですよね。

ブログを通していろんな方と話したり、
こういう出来事があったりととても良い経験になっています。
なかなか友達に話せないこともここでは話せるっていうのが
気持ちを楽にしてくれます。

ロイちゃんもダルもなかなか手を焼かせてくれる老犬で…^^;
苦労しますよねワガママな元気老犬の介護は…(苦笑)
もっと楽に介護したいもんですがそうはいかなそうですし、
お互い頑張るしかないですね!!
2011-10-25 Tue 16:16 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
emi様へ
御礼なんていらないです><
やっぱりいろいろ伝えたかったんで追記ではありますが、
書かせて頂きました。

僕…心の支えになんてなってます?(驚)
いつもemi様とぺーちゃんに支えになってもらってるので
そんな気全く無いんですが…(笑)
でもそう言ってもらえるとやっぱり嬉しいもんですね^^
とは言えダル共々まだまだお世話になります…^^;

ポン助君は脊椎が損傷してしまってるんですか…
それだと介助が必要ですね。
なんとかリハビリで動けるようになってほしいです。
犬も猫も自分の足で歩けないとどうしてもストレスためますからね…

お忙しい毎日だと思いますが、
休める時に休んでゆっくり気持ち癒して下さいね^^
2011-10-25 Tue 16:00 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
ダルくん、まだまだボケてませんね(^^ゞ
ピンポンに反応するなんて現役です!
それだけ元気なのに自由に歩けないのは
ダルくん、辛い(*_*)
うちもそうだけどご飯への執念はすごいです。
それだけ楽しみなのかもしれませんネ♪

日中はずっと寝ているのですか?
老犬らしい?生活になってきてヨカッタです(^_^)
うちはお薬がほとんど効かなくなってきたので
また大変ぎみな日々ですf^_^;


ペーチャン、、すごく悲しいけど
最後は静かに旅立たれて
emiさんやご家族が献身的な看病をされて悔いや後悔がないこと‥
それはわたしの理想の終わりです。。。

身近に老犬の介護をしてる人はいないから
ブログを通して同じ境遇の人と出会い
気持ちも分かち合えるから本当、心の支えでもありますね。

今のところ現役でうちと似たようなワンコはダルくんしかいないので(笑)
これからもよろしくお願いします(^^ゞ



ペーチャンのご冥福をお祈りします。。

2011-10-24 Mon 03:22 | URL | しずてー #- [内容変更]
カカシさん
ありがとう。泣かせるねぇ~

今は悲し過ぎちゃって誰にもコメントできないけれど
ダル君もサンデーちゃんも高齢だから
しっかり見届けなきゃって
私がメソメソしている間に何かあったら
それこそ立ち直れなくなっちゃう

ペーちゃんの事自分のことの様に悲しんでくれる
カカシさん、アミママさん、sunpapaさん、しずてーさん
本当にありがとうございます。
どんなに心の支えになっている事か・・。

ポン助は脊椎の欠損があり後ろ肢が不自由です
そのためかカラスに襲われ怪我をし動けなくなっているところを保護されました。

排泄も自力では充分ではないので介助が必要です
脊椎に働きかける治療を施しながらリハビリをしています
ペーちゃんとの別れと同時にポン助のお世話が始まりました
ペーちゃんが生きていたらきっとポン助のこともかわいがってくれだでしょう・・・
ペーちゃんの分までやらなきゃね・・
たまってしまった仕事もあるので
もうちょっとしたら復活しますね
2011-10-22 Sat 22:22 | URL | emi #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| 老犬介護中 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。