もう少しで17歳だったダルメシアンの介護日記と11歳の雑種犬との日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
拍手コメント
2012-05-15 Tue 10:28
ブログの更新も遅く、

コメント頂いてもまたその返信が遅い僕ではありますが、

拍手コメまでもちゃんとチェック入れています。

拍手コメの返信は見れているのかな…

返信できない仕様になってる場合のご返信はしてないですが、

機会さえ与えて下されば返信致します。

よろしくお願いします…です!




未だにブログを使いこなせていない自分がちょっと恥ずかしい(笑)
スポンサーサイト
別窓 | ブログ | コメント:16 | トラックバック:0
<<ジル、老化…? | 老犬介護中 | >>
この記事のコメント
あのママ様へ
そのようですね…?
少し最後が切れてしまったでしょうかね…

コメント欄は交流の場として自由にお使い下さい^^
2012-06-12 Tue 11:09 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
すみません。
先ほどのコメ最後の文がおかしくなっていました。すみません。
2012-06-05 Tue 23:54 | URL | あのママ #1fk9OJn. [内容変更]
この場をお借りして アミママ様
カカシ様この場をおかりします。いつもすみません。
アミママ様
あのが亡くなりました。ご報告しようと思いましたが、ご旅行中で遠慮させて頂きました。楽しいご旅行だったみたいですね。私も母と仙台行ってみたいです。大阪からは遠いですが。

一人になると色々思い出して号泣してしまいます。寂しくて辛いです。皆さ
んみたいに大変な介護ではなかったけれど最後の二ヶ月を振り返ると後悔ばかりです。最期に動物病院でもう少しがんばって、お願いがんばって、夏まででいいからがんばってと何回もあのに言ってましたが、願いは叶いませんでした。病気にしてしまって本当に自分をせめるばかりです。ほとんどドックフードばかりでしたから。時々お刺身や蒸したササミや野菜をあげていましたが。たまには生肉とかあげればよかったのかななどと考えてしまい
ます。考えても仕方ないのですが。
あのが亡くなってまだ16日ですが、もう凄く前の事に感じます。こうやってだんだん記憶が薄らいで辛さを忘れるのでしょうか。まだまだ辛く寂しいですが。あのがいるから出掛けられないと断っていた事や子供達の懇談会など参加できる様になった事がかえって辛い今日この頃です。


ないのですが。いつかかぞく

2012-06-05 Tue 23:50 | URL | あのママ #1fk9OJn. [内容変更]
この場をお借りして たらさんへ
我が家もあのへの温度差はありますよ。最初は義母が一番可愛がっていたのです。私は子供達が幼く手がかかっていたので。義母は高齢になり自分の事で精一杯になってきました。主人は顔に出さない人で、義父が亡くなった時もそうでした。娘はすごくないていましたが、冷静さを取り戻していますし。息子は主人にソックリで、あのが亡くなった時も部屋にこもり、人前では泣きませんでした。いつでもどこでもメソメソ泣いているのは私だけです
。みんなそれぞれ悲しみ方の思いや表現はちがいますからね。なんか取り残された感じがしますが。なんでそんな気分になれるの?とか思う事もありますよ。たらさんとおなじでなんだか慰 められます。猫ちゃんがいてよかったですね。うちにもやんちゃな猫がいます。じゃれるのをみていると心癒されますよね。代わりにはならないけど。
2012-06-05 Tue 11:20 | URL | あのママ #1fk9OJn. [内容変更]
カカシさん
昨日は残り2匹の子達のワクチンの日でした。やっぱり獣医さんや看護師さんの顔を見ると涙がとまらなくなり、何度もお礼を言って帰ってきました。御近所の方にもあのの事を聞かれるたび涙ぐんでいる毎日です。
私も なっちゃんやモカをかわいがるのは あのに申し訳ない気がしていました。モカは私があのに付きっきりだったので少しいじけてしまっていて、もう甘えていいのかなって今は遠慮ぎみに寄り添ってきます。それまで四ヶ月間は ずっとおきてなかったてんかんの発作をあのに付きっきりになった最期の二ヶ月で三回も起こしていました。おかげでワクチン連れて行ったけど
やっぱりうてませんでしたが。可哀想な事をしていました。なっちゃんはお葬式の時お棺の中を何回も前足を掛けて動かないあのを見ていました。居なくなった事少しはわかっているのかな?と思います。またいつか失う尊い命を大切にしたいと思えるようになってきました。

2012-06-05 Tue 10:45 | URL | あのママ #1fk9OJn. [内容変更]
たら様へ
コメありがとうございます。

良いブログ…ですかねぇ^^;
結構言いたい放題で僕のわがままだったりまとまりなかったりして…
まぁ本音の本音ということで読み流してもらえると助かります^^;;

老犬の介護って本当にずっと一緒ですよね。
離れるのはトイレと風呂ぐらいって感じで。
ことある事に発作を起こすKちゃんの介護は僕なんかより壮絶な苦労があったろうなと思います…
簡単に察したとか言えない程の苦労があったと思っています…

たとえ犬が嫌がってもずっと抱っこしていなければならないとは
本当に…想像だけでも目をつぶってしまいそうな介護ですね。。
でも愛犬にはできる限りのことをしてやろうって気持ちだけですよね。
介護ってその気持ちだけで成り立ってるもののような気すらします。

僕もダルのことを抱き上げた感覚とか頭のゴツゴツした感じとか、
臭い口臭までどうにかもう一度だけでいいから感じたいです。

家族との温度差は感じてしまうと辛いですね。
うちはだいぶ同じかな…
けどジルに対して可愛がりたいけどまた失った時のことを考えると…と躊躇してる感じが
なんとなくですがします^^;
2012-06-04 Mon 14:26 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
カカシさんへ
先日の拍手コメントは特定の方のお名前を出しましたので、ブログ管理者のみの公開にしてました。

とても良いブログですね。
本音ですものね。
何よりもジルちゃんとカカシさんご家族の頑張った証と愛情が詰まってると思います。

Kの介護は本当に付きっきりでした。
「起きたい」「しっこしたい」「うんちしたい」
「姉ちゃんドコ?」「何か寂しい」「歩きたい」
こういう欲求でも発作が起こってしまうので可哀そうでした。
自分で起き上がる事も、一人で歩く事も出来なく、
目も鼻も利かなくなってましたが、
妙に気配に敏感で、側を離れるとすぐに分かるんですよね。
Kは赤ちゃんになってしまってました。

亡くなる2か月前程に食道拡張症にもなってしまい、食後や水分を摂った後はしばらく抱っこしていなくてはいけなかったんです。
利尿剤も飲んでましたので、『しっこ出したら水分摂らせる』の繰り返しだったので1日13回位は30分間抱っこしてました。
その体勢がKは嫌だったんです。
肺や肥大した心臓がその体勢は苦しかったのかもしれません。
「ごめんね、ごめんね」と言いながら、顎をKの頭に乗せてあやしていた感触や暖かさ、恋しいです。

私、まだお骨をKの寝ていた所に置いてリビングで寝ています。
両親はいい加減自分の部屋で寝る様に言ってきますが、のらりくらりとはぐらかしています。
15年間ずっと同じ部屋で寝ていたのですが、
2年半程はリビングで完全に添い寝してたので、もう少しこのままでいたいです。

これ打ちながらまた涙です。
実はKへの想いは家族とは温度差があり、それもちょっと辛いんです。
2012-06-01 Fri 23:13 | URL | たら #/CsKs7ZA [内容変更]
あのママさんへ
カカシさん、あのママさんへメッセージ書かせて下さいね。

あのママさんへ。

あのちゃんを亡くされて間もない時に、
私へのお言葉ありがとうございました。

Kを失って、もうすぐ2か月になります。
どうもまだまだ涙は尽きないようです。
不意に涙が出てしまいます。
「もう2か月」でもあり「まだ2か月」でもあります。
Kが恋しくてたまりません。

息子さん、獣医さんを目指してるなんて素晴らしいです。
そうさせるほど、あのちゃんは愛しいコなんですね。
回復の見込み無く、同じ様に選択された方からのコメント、
私には少し救いを頂いた気がします。
あのママさん、ありがとうございました。
2012-06-01 Fri 22:48 | URL | たら #/CsKs7ZA [内容変更]
お察しします
大事なかけがえのない子をなくすことは本当に辛いですね。

お気持ち、お察しします。

去年の今頃、私も事あるごとに泣いてました。

それも号泣してました。

時間がたつとそのつらさは少しずつ癒されて行きますが
亡くなった子を思う気持ちは一向に薄らいでいきません。

今いる子(ネコちゃんやワンちゃん、私の場合は孫君)のことを
可愛がるのとはまた次元が違うのです。

一周忌が済んだので
最後まで残しておいたアミのベッドと介護ベストを
処分することにしました。
反対する娘に「元気だった頃のアミには不要なものだから」と
言いましたが、結局、ビニール袋にいれたまままだおいてあります。

ビニール袋に入れる時、匂いをかぎましたが
アミの匂いは全然しないで、洗剤の匂いだけで
涙が出ました。

多分、この思いは一生続くと思います。





2012-06-01 Fri 12:34 | URL | アミママ #gW6m2cRw [内容変更]
あのママ様へ
お疲れ様です。
思い出す度涙が出るのは僕もまだまだやってますよ^^;
なんですかねぇ…時間が癒してくれると言われますがなかなか治りが悪いようで。
今朝も地元の先輩に会いダルのことを聞かれましたが、はっきりと目を見て話すことはできませんでした。。
こういった事を話せるのも同じ境遇の方だからこそ言える訳でして、
僕もあのママ様にとても助けられているのでお互い様ということで^^

今いる子を今まで以上に…というのは本当に大事なことです。
僕もジルに対してそう思って接しています。
でもなんかそれに関してちょっとダルに変な罪悪感を感じることもあったり…なんか複雑なんです^^;

僕の家はすぐ配置換えをしてしまいました。
ダルがいた場所を変えてしまうのは辛かったですが見る方が辛くて^^;
もしもう一度ダルに会えたら二度と離れられなくなりそうです。。
あーでもダルは父なら断らないけど僕じゃ嫌だって言うかも(苦笑)
2012-05-29 Tue 16:44 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
ありがとうございました
お心のこもったコメありがとうございました。まだまだ寂しく思い出すたび泣いてしまいますが同じ経験をされた方達と土方カカシさんのブログであつかましくも接する事ができ慰められました。私はブログしていないので本当に感謝しています。ありがとうござい
ました。早いもので今日初七日を迎えました。娘には何時までも哀しまず今いる子達を今まで以上に可愛がろうと言われました。私は後悔することばかりで後ろ向きでダメです。もう一度会えたら思いきりギュッとしていつもみたいにマッサージしてあげたい。リビングのあのが居た場所ががらんとしてしまって寂しいです。
2012-05-26 Sat 00:16 | URL | あのママ #1fk9OJn. [内容変更]
あのママ様へ
あのちゃん、そうですか…
気になってはいたのですがまさかこんな早いとは…思ってませんでした。。

最期を決めてあげるのも飼い主の愛情だとどこかで聞いたことがあります。
犬は人間の何倍も我慢ができるのに苦しんでいるということは相当なことなんだと思います。
後悔がないのなら楽にしてあげた決断、間違ってないと思いますよ。
ただ、やっぱり眠るように逝ってほしかったなと言うのが僕の願いでもありました。

涙腺もろい状態はしばらく続きますよね…
というかこれ書いてる僕が崩壊…っていう(苦笑)
息子さん獣医になりたいなんてすごいです。
ぜひ頑張って頂きたいです。
ペットを飼っている限り、良い獣医さんに出会えないと本当に苦労するので。
飼い主の支えになってくれるような獣医さんになってほしいですね^^

思い出の柿の木の下であのちゃんはずっと見守ってくれるでしょうね。
柿がなる度にあのちゃんが盗み食いしてたら笑ってしまいますね^^
2012-05-24 Thu 11:02 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
たら様へ
先日は拍手コメありがとうございました。
お返事しようとしたのですが返事拒否?のようになってたのでこのような記事を書いてみました!

現在に至るまでの記事、読んで下さったんですね。
ありがとうございます。
正直、辛い、疲れたの連続で暗い記事が多かったかと思います。
でもこのブログでそういう弱音を吐いては助けられの連続でした。

長生きの大きな室内犬は中におっさんが入ってるような妙な存在感のでかさがあるので、
いなくなるともの凄く大きな穴が空きました。

Kちゃんも長生きですね。
心臓と脳神経を患って発作も伴う2年の介護ですか…
本当にお疲れ様でした。

安楽死でも自然死でもどうであれ、死は残される側にとってもの凄く辛いですよね。
あーあん時なんでこうしてやれなかった、気付いてやれなかった、の後悔は尽きません。
でもその時はいっぱいいっぱいで後悔すると分かっていてもできなくて、
自分が未熟で子供だったなと…
こういう分かってるのにしてやれなかったことがたくさんあって、
それを知られたくないけどわかってもらいたいとどっかで思ってしまう、そんな感じは僕にもありますね。。
これは経験した人にしか分かってもらえないと思うし、話せないことですよね。

猫アレルギーでも飼ってしまう気持ちも分かりますね^^;
少しぐらいの体調不良よりも助けたいって気持ちがあると…拾ってしまいそうです^^;

僕の携帯に入っているダルの写メはもう介護に入ってからのものばかりです。
パソコンで元気だった頃の写真をみます。
携帯に入っているのはあまりまだ見れてないのが現状です。
見ると一緒に介護の日々が思い出されて普段の倍の後悔の念が襲ってきてつぶれるので…
って、こんなことしてるから引きずってるんでしょうけどね^^;

桜はやっぱり綺麗です。
猫ではお花見してくれないですか?
桜の下で昼寝とかしてくれそうですけどね^^
2012-05-24 Thu 10:52 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
すみません
先ほどのコメ最期がおかしくなってしまいました。すみませんでした。
たらさんへ
はじめましてあのママです。お辛いですね。うちも安楽死でした。後悔はしていません。賛否両論ですが。後悔されてもくるしまずに逝けて楽だったのでは、たらさんに感謝していると思いますよ。私はそう信じています。酷く苦しんで死んでいくのはあまりにも辛いですから。いつになったら涙はかわくのでしょうね。哀しくて辛いです。
2012-05-22 Tue 21:27 | URL | あのママ #1fk9OJn. [内容変更]
お別れ
土方カカシさん、色々ありがとうございました。お別れの日が思ったより早く来ました。あのが永眠しました。12才と7ヶ月でした。偶然にも4年前に亡くなった先住猫のcocoと同じ5月20日
でした。朝から発作がおさまらず動物病院へ。もうガンの終期といわれ、死
を覚悟。前日までまだ元気だったので
まだ夏まで頑張れると思っていたの
で、パニック状態になりました。あと
数時間もちそうになく、凄く苦しんで
いたのですが先生にこれ以上発作止めをいれると薬がきつく安楽死と同じ結果になります。安楽死も考えられてはどうですかと言われ、苦しんでる姿が可哀想で辛くて、楽にしてやってく
ださいと言いました。主人は反対しま
したが。後悔はしていません。泣いてばかりですがまだ犬が二匹、猫が一匹いますので癒されています。息子が獣医になりたいと改めて思ったのではな
いかと感じます。いつも秋に庭で柿をジャンプして取ろうと頑張っていたあの。柿の木の下にお骨埋めてお墓を作ろうと思います。庭に埋めてはいけないと言う人もいますがウチは気にしないので。

いませんが、前日までまだ元気そう
だったので覚悟はしていましたが、お
こつを
2012-05-22 Tue 21:12 | URL | あのママ #1fk9OJn. [内容変更]
はじめまして。
この間拍手しました『たら』です。
あれから現在までの記事を読ませて頂きましたが、正直、何と書いたらいいか分かりませんでした。
ただただ、涙でした。
大きなワンちゃんゆえの大変さと可愛さ。
コメント欄の皆さんの優しさと心強さ。
私はブログはやってないので羨ましいです。

私のコは『K』とします。
(すみません。以前ネットで交流があった方たちに検索されたくないので…)
6キロの女の子、15歳と数か月でした。
心臓と脳神経を蝕まれました。
約2年間の介護でした。
まだ立ち直れないでいます。
心臓と脳、両方の発作が昼夜問わず起こるので24時間ほぼつきっきりでした。
私がお風呂とトイレの時や、車が必要な買い物の時は母に見ていてもらいましたが、台所にいる時は合わせ鏡で見張ってました。
入院も付き添える動物病院でしたので、ずっと一緒にいました。

最期は病院で、もうあと数十分で亡くなると宣告され、「とても苦しんで亡くなる」「楽にしてあげますか」と先生に言われ、結果的に安楽死でした。
後悔ばかりです。
苦しんで逝かせても、後悔していると思います。
どうやっても後悔ですね。
この事は人に知られたくないです。
でも誰か知ってほしい…とも思います。

7年前にKとのお散歩中に拾った猫2匹がいます。
私もカカシさんと同じ猫アレルギーで、一時は呼吸困難で死にそうになりましたが、少しずつ症状が軽減され、一緒に暮らしてます。
このコ達がいる事で少し助かってます。
Kの代わりにはなれないけど…。

私もずっと引き摺りそうです。
カカシさんは元気だった頃のダルちゃんの写真を見てるんですよね。
私も見てます。
元気な頃のKの写真と動画を見ないと、寝たきりで辛そうなKばかりを思い出してしまうので、毎日見てます。
でも、泣きながらです。

ここ2年、桜に感動をしなかったなと、ふと思いました。
ジルちゃんとお花見、いいですね。
猫とは…無理です。
2012-05-22 Tue 19:49 | URL | たら #/CsKs7ZA [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| 老犬介護中 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。