もう少しで17歳だったダルメシアンの介護日記と11歳の雑種犬との日常。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ジルの白髪
2012-07-20 Fri 23:46


本当に、ジルの白髪がよく目立つようになってきた。

確かに前に比べたら行動がだいぶめんどくさがりというか横着にもなった。

まだまだ飛び跳ねるし走るしよく遊ぶけど、確実に老化は進んでいる。






友達の所の犬(16~17歳)がついに寝たきりになった。

その友達は実家を出ているから介護はお母さんがやっているらしい。

毎日ずっと吠えていてお母さんが参ってしまっているそうだ。



ダルを思い出しながら話すのはまだちょっときつかったけどこらえながら、

薬を使う方法を話した。

それに加えて薬を使うとどんな気持ちになるかとかも話した。


友達は薬を使う方法を選びそうだった。



それに加えて友達は、

最期どうだった?とか骨とか墓どうした?とまで聞いてきた^^;

その前段階で結構感情的になってたのに追い討ちかけられて

いろいろとこらえるの必死だったから答えるのやめようかと思ったけど、

友達の「犬めっちゃ可愛がってる奴ってあんま少ねーじゃん?教えてよ」って言葉に負けた。


全部の質問に答えた。

僕は話が終わる頃にはちょっと泣いてた。

でも友達はバカにすることもしないで「がんばったんだな」と言ってくれた。

そして「つられて泣きそ(笑)」と笑ってた。

予想外に優しい友達にもっと泣きそうになったけど悔しいから我慢しといた(笑)


今までどっか、こいつ良い奴…なのか?って疑ってたとこあったけど、

普通に良い奴なんだな…と思い直した。





老犬介護ってその最中は本当にきつくて辛くて

閉鎖された生活のようになってたまんないけど、

終えてからもなお得る事もあるなんてやっぱり貴重な体験だと思う。
スポンサーサイト
別窓 | ジル | コメント:4 | トラックバック:0
<<甲子園 | 老犬介護中 | グレースちゃん>>
この記事のコメント
あみまま様へ
お忙しい所訪問ありがとうございます。
そして、頭なでなでもありがとうございます(笑)

その友達とはなんとなく僕が一線置いてたとこがあったんですが、
犬への思いは一緒だったようです。
僕が泣いてもバカにしてこないなんてちょっと予想外でした…
僕の見誤りです^^;

ダルは確かに白髪は目立ちませんでしたが、
写真見るとブチが思いの外減ってたのできっとそれが白髪だったんだなと思います。
ジルは口周りが泥棒呼ばわりされる程真っ黒だったのでとてもよく目立ちます(笑)
ジルも家に来た頃はつり目でキツネみたいだったんですけどね、かなり顔が変わりました^^
2012-07-23 Mon 15:04 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
しょこママ様へ
先日もコメありがとうございました。
コメ返書いて閲覧制限かけると僕しかみれないんですよね^^;
というわけで、読ませて頂いたという事だけここにお伝えしておきます。
少し気持ち晴れましたありがとうございました。

この友達はちょっと癖のあるやつなので微妙だなと思っていたんですが、
優しさをちゃんと持ってる良い奴でした(笑)
毎日電話したりはたぶんしてないかな…
でもしょっちゅう実家にはいるようなのでそれが少しでも支えになってるんじゃないかなと予想してます。

本当ですよね。
犬と一緒に最後の最期まで濃い時間を過ごす人が増えることを願いたいですね。
犬が幸せに最期を終えられるようになってほしいものです。
2012-07-23 Mon 14:58 | URL | 土方カカシ #- [内容変更]
イイ奴じゃん。
そのお友達、案外「いい奴」かも。
自分のワンちゃんとお母様が心配で、土方カカシさんに話を聞きたかったのね。
カカシさん、話すのは辛かったでしょう。
よく話してあげられましたよね。
えらかったね。
いい子、いい子って土方カカシさんのアタマ、撫でてあげたいな。


ジル君、お口の周りが白いのが白髪?

ダルメシアンは白いから、白髪ってあまり目立たなかったけど
ジル君は黒い所があるから、白髪ってばれちゃうね。

ジル君、優しいオメメですね。
可愛いです。

2012-07-22 Sun 01:48 | URL | アミママ #gW6m2cRw [内容変更]
全く持ってその通り。
カカシさんの文章には、いつもつられて涙が出てしまいます。
お友達、味のある、面白い人ですね^^
お友達のお母様が、おひとりで介護されてるんだったらやっぱりとても辛いだろうと思います。
それでも、この息子さんが、電話ででも、毎日「今日はどう?」「大丈夫?」などと声をかけてあげるだけでも違うと思います。
是非、お友達がお母様を支えてあげてほしいと思います。
苦しい時を犬と一緒に共有した人にしかわからない、後の思いも貴重だと感じます。
「犬、めっちゃ可愛がってる奴って少ねーじゃん」
この言葉が心に残りました。
「めっちゃ多いじゃん」と言われる世の中になりますように。
2012-07-21 Sat 09:24 | URL | しょこママ #nCC.Lt1U [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| 老犬介護中 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。